チリ

世界で一番美しい星空!?アタカマで天体観測に出かけた結果!!

その晴天率の高さから星の観測所まで設置され、‶世界一美しい星空が見える”とも言われるアタカマ。

綺麗な星空が見たいという想いを胸に私たちは街の外れに出かけた。

そして、その際ご一緒させていただいたANIMAL TRAVELERの獣医師とうのさん世界一周動物写真展(2018年11月23日~)を開催されるということでお知らせを掲載させていただきました。そちらもご覧いただけたら嬉しいです。

アタカマの星空

アタカマの街は独特の雰囲気が漂う素敵な街だ。

よく砂埃が舞っていることと物価が高いということが難点に感じられるが、標高はボリビアほど高くないので息もしやすく暖かい。

珍しい茶色の教会もある。

私が特にこの街を気に入っていた要素として、街から富士山のような山が見えるという点があげられる。

グアテマラのアンティグアもそうだが、山や海が見える街は素敵だと思う。

さて、アタカマを訪問した際にやっておきたいことと言えば月の谷ツアーの他に星空観測がある。

星空観測ツアーも催行されているようだが、あまり評判がよくないようなので自力で観に行こうか迷っていた。

そんな私に声をかけてくれたのがANIMAL TRAVELERの獣医師とうのさんだった。

とうのさんとはボリビアのウユニで宿が一緒になり、ここアタカマの宿でも偶然の再会を果たした仲だ。

世界中を旅し、日本もプチ縦断されたとうのさん。

そんなとうのさんの素敵な旅がつまったブログはこちらから読んでいただくことができる。

ANIMAL TRAVELER

 

話し合いの結果、とうのさんともう1名宿で出会った日本人女子大生の方と一緒にツアーを利用せず星の観測へ出かけようという結論に至った。

夜、宿のスタッフに街明かりが少ない場所を教えてもらい出発した。

アタカマの治安は一般的に悪くないと言われている。

夜の街にもたくさんの人達の姿があった。

3人でおしゃべりしながら歩き、目的の場所へ向かう。

30分程歩き、街の外れにある街灯がほとんど存在しない場所にたどり着いた。

そして、そこで見上げた空は─────…

まさかの曇り空だった…!!

そもそも月があるので綺麗な星空を見ることは難しいのかもしれないのだが…。

それにしても、晴天率が高いと言われるアタカマでこの曇り空はむしろすごいのではないだろうか。

ということで曇り空を堪能した後、私たちは帰路についた。

少し残念な気持ちもあったが、遠くに見えたアタカマの街の明かりは綺麗だった。

 

世界一周動物写真展

福岡、大阪でも開催された大好評の世界一周動物写真展が、仙台でも開催されることが決定致しました!!

2人合わせて世界112カ国を旅された獣医師さんとドッグトレーナーさんによる「犬と猫と人の暮らし」を伝える写真展プロジェクト。

動物や海外に興味がある方、新しい視点で世界を見てみたい方、元気や癒しが欲しい方などなど…

ぜひ写真展へ出かけてみてはどうでしょうか?

当日はとうのさんも会場にいらっしゃるとのことです。

いろんな世界を見てたくさんの経験をされたとても素敵なとうのさん。ぜひぜひこの機会にいろいろお話をしてみてはどうでしょうか?

詳細

会場:メリラボ仙台
日時:1月19日(土) 11:00-18:30
〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町6-15 GIPビル1F
Tel&Fax:022-264-3010
※こちらの会場の方が展示数が多いとのことです。

会場:ドッグウッド
日時:1月20日(日) 10:00-19:00
〒989-3212 宮城県仙台市青葉区芋沢字綱木坂22−3
Tel&Fax:022-391-3150
※ドッグカフェの壁を使わせてもらうので展示数は少なめとのことです。

また、3月に東京、鹿児島でも開催予定とのことです!!

詳細はこちらのページをご覧ください!!

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

↓ランキングに参加しています。更新が遅れていますが応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. チリ

    まるで異星!?アタカマ砂漠の月の谷ツアー!!

    チリのサンペドロ・デ・アタカマに到着した私は、さっそく月の谷ツアーに参…

  2. チリ

    ウシュアイアからプンタ・アレーナス、プエルト・ナタレスへのバス移動!!

    アルゼンチンのウシュアイアを出発し、次に目指すのはチリのプエルト・ナタ…

  3. チリ

    パイネ国立公園は超絶景の宝庫!?氷河も見れた1日ツアー!!

    私がプエルト・ナタレスに来た目的はただ一つ、パイネ国立公園へ行くためだ…

PAGE TOP