メキシコ

新・世界七不思議チェチェン・イッツァーと聖なる泉グラン・セノーテ観光!!

世界遺産にも登録され、マヤ遺跡の中でも有名なチェチェン・イッツァー

ここまで来たらぜひとも行ってみたいところだ。

世界一周経験者の友人にカンクン発の安いツアーを教えて頂いていたので、そちらのツアーに参加しようと考えていたのだがスケジュールの都合上カンクンからは参加できず。

チェチェン・イッツァーはバスを利用して個人で行くことも可能なようだが、そうすると逆に高くついてしまうようだ。

なのでトゥルムからのツアーを探し、参加することにした。

チェチェン・イッツァーツアー

ツアー会社を選ぶ

街のツアー会社をいくつか回ったが、どのツアー会社も料金の表示がなく全て交渉制のようだった。

これはしんどい。ここでの相場はいくらなのだろう。

どこもツアー内容はほとんど同じだが、100US $という強気の値段提示をしてきた会社もあった。

最終的に安いツアー会社で800ペソで交渉成立。

それでもカンクン発のツアーの方が安い。

「カンクン発のツアーはもっと安いのですがこれ以上のディスカウントは可能ですか?」

と交渉したところ、

『トゥルム発のツアーの相場は800ペソなのでこれ以上のディスカウントは厳しいです。』

との回答がきた。

確かに発着場所が変われば当然金額も変わる。残念だ。

ちなみに今回私が利用したツアー会社はItourという会社だ。

ツアーに出発

朝8:45にツアー会社の前に集合し、バスで出発した。

ガイドが、

『皆さん、どこの国から来ましたかー!?』

と恒例の質問を投げかけ、出身国で挙手することになった。

色々な国からツアー参加者が集まっていたが、アジアからの参加者は私1人だけだった。

そのおかげかたくさんの方に声をかけていただき、楽しいツアーとなった。

バジャドリ

まず、最初に訪れたのは古都バジャドリというコロニアル調の街。30分程だけ立ち寄った。

ここには歴史を感じさせる古くて綺麗な教会がある。

イスラエルから来たサラという男性と一緒に街を散策した。

土産物屋もあり、たくさんの髑髏が並べられている。

メキシコでは髑髏や骸骨グッズをよく目にする。

大昔から先祖の骸骨を飾る習慣があったようだ。

 

バジャドリはカンクンからバスで2時間ほどでアクセスが可能だ。

周辺にはマヤ遺跡やセノーテもあるそうなので、時間に余裕のある方は単体で遊びに行くのも面白いかもしれない。

セノーテ・イキル

そして再びバスに乗車し、次に到着したのが聖なる泉セノーテ・イキル。

施設内は穏やかな雰囲気が漂っている。

こちらは友人から“がっかりスポット”と聞いていたのであまり期待していなかった。

聖なる泉というと美しい泉を想像してしまうが、確かにこちらのセノーテはお世辞にも綺麗と言えないかもしれない。

昔はこのセノーテに吉兆を占うために女性を投げ入れていたとか。

現在はプールの役割を果たしているようだ。

上から覗き込むようにして観るとあまり美しいとは思えないが、セノーテの内部から上を見上げるとなかなか良い景色なのではないかと思う。

一緒に来たツアーメンバー達は水着に着替えて泉に飛び込んでいた。

『Norikoはなんで泳がないの!?』

と驚かれたが、私には飛び込む勇気はなかった。

私は泳げないのだ。

ランチブッフェ

1時間程セノーテに滞在した後は、近くのホテルでランチブッフェをとった。

この時点で時刻は14時を指していた。

私は本当にお腹が空いてしかたなかった。

やっとご飯を食べることができる。

舞台ではショーが開催されていたが、どちらかと言えば私を含めみんな料理に夢中だった。

ブッフェということであまり質は期待していなかったが、料理の種類もなかなか豊富でお肉の煮込み料理が美味しかった。

チチェン・イッツァー

そして、15時。

やっと今回のツアーの目玉であるチェチェン・イッツァーに到着だ!

大きなピラミッド、カスティーヨにとても感動した。

マヤの最高神ククルカンを祀るピラミッドだとか。

春分・秋分の日の日没の際に階段の西側が太陽に照らされて作られた影と、照らされた部分によって蛇の胴体が映し出される。

そしてそれが階段の北側にあるククルカンの頭の彫刻と繋がり、まるでククルカンが降臨したかのように見えるそうだ。

これは物凄く高度な天文観察術を持っていないと創造することが不可能だと言われている。

なぜそこまで高度な天文観察術を持っていたのか…。そしてなぜマヤ文明は滅びてしまったのか…。

本当に謎だ。

球戯場のレリーフ。

チチェン・イッツァーにはとても大きな球戯場があり、かつてここで球戯が行われていたそうだ。

球戯に勝った側が生け贄になったとも負けた側が生け贄になったとも言われており真実は謎のままだそうだが、今回案内してくださったガイドは『勝った側が生け贄になった』と説明してくれた。

球戯に勝って命を取られるとはどういう気分なのだろうか。

もし、それが真実であれば現代の死生観とは異なるものを持っていたのではないだろうか。

串刺しの髑髏のレリーフ。

実際にここで生け贄になった者の髑髏に穴を空け、棒を通して並べたのだそうだ。

何とも言えない気分になる。

カスティーヨは近くで見ると大きくて迫力があった。

スイスから来たシルバナと、ペルーから来たクラウディアと一緒に撮影。

これからの旅のことを話していたら、

『もし、私の国に来て困ったことがあったらすぐに連絡をちょうだい!あなたの助けになるわ!』

と連絡先を交換してくれた。

他にもコロンビア、オーストラリアから来た方などたくさんの方が声をかけてくれて嬉しかった。

 

2時間程チチェン・イッツァーを堪能し、バスでトゥルムの街に帰った。

 

グラン・セノーテ観光

自転車でグラン・セノーテへ

翌朝、トゥルム市街の近くにある有名なグラン・セノーテへ出かけた。

Itourの隣で自転車をレンタルし、一本道を進むこと約15分。

グラン・セノーテの看板を見つた。

さらにしばらく進むと右手に入口が現れる。

セノーテは観光客が少ない早朝が水の透明度が高くて綺麗とのことだ。

8時頃から入場可能のようだが、私が到着したのは10時頃。

早起きできず、ついついのんびりしてしまった。

果たして美しいセノーテを見ることはできるのだろうか。

グラン・セノーテ

入場料を支払い、中に進むとやはり既にたくさんの観光客の姿があった。

階段を降り、泉に近づく。

これは…!!

とても綺麗なセノーテだ。

観光客は水着に着替え、シュノーケルやライフジャケットをレンタルして気持ち良さそうに泳いでいる。

私も泳ぎたいところだがあいにくお腹の調子があまりよくなかったことと、夜から長距離バスでの移動を控えていたので自重した。

セノーテに来て泳がないなんてプールに来て泳がないのと一緒で少し変かなという気もしたが、見学しているだけでも満足の美しさだった。

シュノーケリングで水の中の世界を見たらもっと感動したと思う。少し残念だ。

洞窟のようになっていて冒険心がくすぐられて面白い。奥まで行ったら何かあるのだろうか。

魚も何匹か泳いでいた。

マヤの聖なる泉、グラン・セノーテは噂通りとても美しい泉だった。

 

行き方・料金

チチェン・イッツァツアー

Itour
集合時間:8:45
解散時間:19:30
集合・解散場所:Itour
料金:800MXN~(約4,800円)
ツアー内容:バジャドリ・セノーテ・ブッフェランチ・チチェン・イッツァ(入場料・ランチ代すべて込み)

トゥルム市街からグラン・セノーテへ

タクシー
所要時間:約10分~
料金:片道80MXN~(約480円)

Itourの隣で自転車レンタル
所要時間:約15分~
料金:半日(~18時まで)60MXN~(約360円)
※レンタルする際にデポジットとしてパスポートを預ける必要があります。

 

本日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

↓応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. メキシコ

    アーティストが集まる世界遺産の街!?サンミゲル・デ・アジェンデへの旅!!

    グアナファトに滞在中、サンミゲル・デ・アジェンデという世界遺産の街へ日…

  2. メキシコ

    そこはまるでヨーロッパ!?天使の街プエブラでメキシコ料理を堪能!!

    オアハカを出発し、向かう先は‶天使の街”と呼ばれるプエブラ。プエブ…

  3. メキシコ

    ジャングルの中の遺跡とポジョの街パレンケ!?

    トゥルムから18:30発の夜行バスに乗り、世界遺産の遺跡が有名なパレン…

  4. メキシコ

    出発時間15分前に搭乗拒否された!?メキシコシティ国際空港で私が犯した1つの過ち!!

    中米の旅もいよいよ終わりを迎え、ついに憧れの地である南米へと旅立つ時が…

  5. メキシコ

    絶対に行ってはいけない!?日曜日のテオティワカン遺跡と、死ぬまでに行ってみたいヴァスコンセロス図書館…

    メキシコシティで外すことのできない観光地といえば、古代都市テオティワカ…

  6. メキシコ

    メキシコの絶景プール!?石の滝を巡るオアハカ近郊ツアー!!

    オアハカ近郊には‶石の滝”と呼ばれる絶景スポット‶イエルベ・エル・アグ…

PAGE TOP