アルゼンチン

日本人よ誇りを持て!?あるブラジル人男性から見た日本と日本人!!

いよいよ明日はウシュアイアともお別れだ。

次に私が向かうのはチリのプンタ・アレーナスという街だった。

ここでふと疑問がわいた。チリ入国の際の持ち物検査は非常に厳しいことで有名だ。

一切の生の野菜や果物を持ち込むことは禁止されている。

では、お米はどうなのだろう?

私は自炊をすることからお米を持ち歩いていた。

持ち込んでトラブルになっても嫌だし置いていくべきだろうか?

少し考えた後、宿にいるチリ人に聞いてみようと思った。

チリ人なら何か知っているかもしれない。

しかし、私が宿泊している宿にチリ人が宿泊しているのか、また誰がチリ人なのかわからなかった。

ブラジル人から見た日本と日本人

パウロとの出会い

私はまず、ソファで1人で暇そうに腰掛けている男性に突然声をかけてみた。

「すみません、どちらの国からいらっしゃったんですか?」

と。

私はチリ人を探しているのだ。

彼は少し不思議そうな表情を見せながらも『ブラジルから来ました。あっ、僕英語を話せないので…。』

と比較的流暢な英語で答えてくれた。

チリ人ではないが南米であるブラジル出身者だ。何か情報を持っているかもしれない。

『I Can’t speak English!!』を連発し彼は私との会話を拒んでいたが、私は米の持ち込みについての答えを得るために遠慮なく彼に話しかけ続けた。

 

最初は私との会話を拒んでいた彼だったが、私が日本人だということを知ると態度が一変した。

『えっ!!君は日本から来たの!?ということはもしかして“オリジナルジャパニーズ”なの!?』

と、とても驚いた様子で私を凝視する。

『うわ~~!!すごいなぁ!!オリジナルジャパニーズに会ったのは生まれて初めてだ!!2世や3世の友達はいるけど、君はオリジナルジャパニーズなんだね!!』

と、私のことを何度も“オリジナルジャパニーズ”と呼んだ。

彼はパウロという。

一緒に写真を撮りたいとまで言われ、写真撮影もした。

すると彼はその写真を友人であるユミコに送りたいと言い出した。

『ユミコはね僕の友達で3世なんだよ!オリジナルジャパニーズに会ったって言ったらビックリするだろうな~!!』

と嬉しそうだった。

ユミコさんの写真も見せていただいた。

そこには綺麗な、日本人のような見た目をした女性が写っていた。

パウロから見た日本と日本人

その後パウロは私に、一生懸命日本と日本人についての話をしだした。

『日本人はとてもすごいと思うよ。僕は尊敬している。』

私は「すごくなんてないよ」と笑った。

するとパウロは『え~っと…英語で何て言うんだっけ…』と困った挙句、スマートフォンを操作した後私に画面を見せた。

そこには翻訳機で“世界中のすべての人達が日本人のようになるべきだ”と書かれていた。

思わず私は爆笑してしまった。さすがにそれは言い過ぎだろうと。

するとパウロは真剣な表情をし、

『聞いてよ!日本人はね、真面目で、勤勉で、誠実で…君たち日本人はもっと自分に誇りを持つべきなんだ!!

と力強く私に訴えかけてきた。

『Listen!!』と言い、物凄く真剣な顔で一生懸命喋っている。

私はちょっと驚いてしまった。

なぜ、そこまで日本人を評価してくれるのだろう。日本人の何を知っているのだろうと。

 

その後も会話は続き、気づけば2時間ほどパウロとおしゃべりをしていた。

最初は英語が話せないからと私との会話を拒んでいた彼だったが、私が日本人だとわかった途端積極的に話をしてくれた。

彼の友人であるブラジル人女性がやってきて、一緒に夕食にでかけないかと誘ってくれた。

行きたいところだったが明日の移動のための荷造りをしていなかったので、泣く泣く断り彼らと別れた。

また、米は宿に置いていこうという結論に至った。

 

ブラジルと日本の関係

私のブラジル人に対する考え方の変化

恥ずかしながら私は日本とブラジルがどういう関係にあるのか過去の歴史を含め、ほとんど知識がなかった。

そう言えば中学生の頃、同じクラスや学年にブラジル人の生徒が数名いたなというのを思い出した。

また、私が日本で住んでいる都市は自動車関係の工場が多いせいかブラジル人労働者や住民の姿もよく見かけた。

以前私が勤務していた会社にも数名のブラジル人が働いていたのだ。

 

本当に恥ずかしい話だが、正直なところ私はブラジル人に対してちょっとした偏見を持っていた。

学生の頃、学校で接してきたブラジル人生徒達は勉強や掃除をサボったり、不良グループに入っている人も少なくなかったからだ。

社会人になってからも職場でブラジル人達と接する機会があったが、何となくブラジル人って怖いなぁと感じることがあった。

もちろんそれを露骨に態度や言葉に出したことはないが。

 

しかし海外を旅してブラジル人と接して感じたことは、彼らは基本的にとても明るくフレンドリーで親切だということだった。

パウロだって、パウロの友人の女性だってそうだった。

日本社会という枠やルールを通してでしか彼らを見ることができていなかったから、そのような偏見を持っていたのかもしれない。

私のブラジル人に対する考え方は海外を旅する前と後では大きく変わった。

ブラジルに移住した日本人の存在

なぜパウロの日本人に対する評価があんなにも高いのだろう?と疑問に思い、日本とブラジルの関係をインターネットで調べてみた。

以下、簡単にまとめた。

1888年、奴隷制度が廃止されたブラジルでは労働力だったアフリカ系移民に変わる労働力が必要だったため、ブラジル政府は日本人の移民受け入れを表明した。
また、日露戦争に勝利したものの賠償金が得られず経済的に混乱した日本でも農村の貧困化が進み、日本政府は国民を移民としてブラジルに送り出すことを決めた。
ブラジルに行けば安定した生活が手に入る…どころかそこでは奴隷同然の苦しい生活が待っていた。
長時間労働に低賃金、住居はボロボロで与えられた土地は鍬を入れることすらできないほど荒れ果てている。
農場主たちから奴隷のように扱われ借金ばかりが増え、夜逃げをする者が後を絶たなかったという。
しかし、夜逃げをした日本人たちは自ら農地を開拓し農場主となり農業大国ブラジルの繁栄に大きな貢献をしたのだという。
また、勉学の大切さを知っていた日本人は学校で非常によい成績を収める者も多かったそうだ。
日本でいう東京大学に位置づけられるサンパウロ大学に合格したかったら日本人を一人殺せというジョークがあるほどだったという。

パウロがこれらの話を知っていたのか私にはわからない。

彼が日本人を評価していた理由は結局わからないのだ。

 

私は日本が、日本人が特別すごいだとか他の国が劣っているだとかそんなことを言うつもりは全くない。

しかし、過去に日本から離れた遠い地で逆境にも負けず頑張っていた日本人たちが居たことを知り、胸が熱くなった。

そして、その事実を知るきっかけを作ってくれたパウロに感謝した。

 

“君たち日本人はもっと自分に誇りを持つべきなんだ!!”

 

果たして現在の私たち日本人は日本人であることに、日本という国に対して誇りを持つことが出来るのだろうか。

 

私にとっては色々と考えさせられる出来事だった。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

↓ランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. アルゼンチン

    ブエノス・アイレスは危険都市!?カミニートと世界で2番目に美しい本屋観光!!

    アルゼンチンの首都、ブエノス・アイレスにやってきた。私は完全にビビ…

  2. アルゼンチン

    飛行機に乗り遅れた!?世界最南端の街ウシュアイアへの険しい道のり!!

    一週間滞在したブエノス・アイレスを旅立つ日がやってきた。次に向かう…

  3. アルゼンチン

    プエルト・ナタレスからエル・カラファテへ移動!!美しい湖のほとりの街!!

    パイネ国立公園をしっかりと堪能した私は、再びアルゼンチンに入国しエル・…

  4. アルゼンチン

    アルゼンチンで引きこもり!?長期旅行者にありがちな旅疲れに陥る!!

    ついに私にも長期旅行者特有のあの症状が現れた。体調不良に陥る…

  5. アルゼンチン

    意外と楽しい!?サルタの街を観光した私が出会ったものたち!!

    アルゼンチンの北部に位置するサルタ。観光の拠点にするために滞在すること…

  6. アルゼンチン

    ブエノス・アイレスでグルメ生活!?分厚いステーキと美味しいスウィーツたち!!

    「アルゼンチン料理といえば、ステーキだよな。」と私は勝手に決めつけてい…

PAGE TOP