ボリビア

ストライキで大ピンチ!?地獄の夜明けとその果てに見た景色!!

こんにちは!Norikoです。

憧れの地であるウユニへ行くために夜行バスでラパスを出発しようとした私ですが、そこで予想外のトラブルが発生いたしました。

ストライキでバスがウユニ村まで行くことが難しいというのです。

旅にトラブルは付き物。不安を募らせながらもウユニへと向かいました。

ラパスのバスオフィス

夕方、利用予定のバス会社であるTodo Turismoのオフィスへと向かいます。

ラパスからウユニへ移動する際、旅行者に人気があるバス会社がこのTodo Turismo。

お値段は高めですが乗客のほとんどが旅行者のため治安の面で安心です。

TRANS TURISTICO OMARという会社も人気があるようですが、

友人がこのバスを利用した際に4桁のダイアル錠をかけておいた預け荷物から物が盗まれたというお話を聞き利用を控えました。

 

オフィスに到着するとスタッフの方に声をかけられました。

なんとストライキでウユニ村の手前にバリケードがはられているため、バスがコルチャニ村までしか行くことができない…というのです。

「ウユニで予約しているツアー会社に連絡をしてコルチャニ村まで迎えに来てもらってください。」

と言われましたが、ツアーは現地で申し込む予定なのであてがありません。

コルチャニ村からタクシーで向かうとして、バス代をディスカウントしてもらうことは可能か交渉しましたがストライキは会社の責任ではないとのことで交渉には応じてもらえませんでした。

ふとテレビに目をやると、ラパスで起きているデモの様子が映し出されていました。

一体どうなることやら…。パレードでお祭り騒ぎの次はデモでストライキですか…。

たまには…たまにでよいので真面目に仕事しましょうよ…と心の中で思わず毒づいてしまいます。

 

不安を抱えていましたが、その不安を和らげてくれたのが他の日本人旅行者の方々の存在。

この季節、ウユニには日本人旅行者が溢れているようです。

オフィスでたくさんの日本人旅行者の方々に出会いました。

 

ラパスからウユニへ

バスの出発時間まではTodo Turismoのオフィスで他の旅人の方々とおしゃべりをしたり移動に備えて準備をしておりました。

フリーWi-Fiも利用可能です。

そして、出発時間が近づきみんなでバスに移動。

21:20にバスはラパスを出発いたしました。

短い間だったけどこの街ともお別れか…。

そんな風に思いながらバスの外に目をやるとそこには素晴らしい夜景が広がっていました!!

写真に撮ることができなかったのが非常に残念です。

もう少し時間があれば…、そして治安がよければロープーウェイから眺めたい景色でした。

しばらく走ると夕食が出されます。

ボリ飯に対して期待はしていませんでしたが、なかなか美味しかったです。

 

走行中も盗難されるのではないかと荷物が気になって熟睡できず。

申し訳ないのですが、私の中でバスの乗務員は信用できない存在となっておりました。

 

そして、夜が明け早朝6:10。

朝食を手渡され、私たちは幹線道路でバスを降ろされました。

 

えっ?ここで降ろしちゃう??というような場所です。

睡眠不足で疲れ切った身体。

そして、標高4000m近い高所を大きな荷物を持って早朝に歩きます。

ゴールはなかなか見えません。

正直、地獄のように辛かったです…。

 

約1時間程歩いたところでウユニ村にある目当てのホテル、Avenidaへ到着いたしました。

日本人旅行者に人気のいわゆる日本人宿です。

しかし、残念ながら既に満室。

第二候補であるWara del salarへ行きようやく部屋を確保することができました。

Wara del salarも宿泊客がほとんど日本人という日本人宿ですがなかなか快適です。

お部屋はTodo Turismoのオフィスで出会ったみさとん、みさとさん、なつきさんと4人部屋です。

私の楽しいウユニ生活が幕を開けました。

 

そんな楽しい時間をともに過ごしてくれたみさとんのブログはこちらです⇒ココロをハダシに。

写真はもちろん文章も本当に綺麗。真っすぐな想いが感じられる素敵なブログです!!

ぜひぜひチェックしてください!!

 

ウユニ塩湖初ツアー

ツアー申込み

過酷な道程を経てウユニ村に到着した私たちは既にへとへとに疲れ切っていましたが、

どうしても早くあの絶景を見たい!!ということでさっそくツアー会社に向かいました。

向かった先は日本人に人気のツアー会社、穂高です。

ツアーの内容はこの通りです。

みさとん、みさとさんと一緒にSUNSET+Starlightツアー(16:00~22:00)に申込みをいたしました。

定員は7名。メンバー募集の紙を作成して貼りだし一度宿に帰りました。

ウユニ塩湖

時間が近づいてきたので再び穂高へと向かいます。

ツアーメンバーは私たち3人の他にバスが一緒だったともみさんと、台湾人のカップル。

車に乗り、途中で倉庫のような場所に立ち寄り長靴をレンタルしてウユニ塩湖へと向かいます。

 

綺麗な鏡張りの景色を見るには天気が良くて雲が出ていること、風がないことなどいくつかの条件があります。

果たしてどんな風景に出会えるのか…。

 

しばらく車を走らせて約1時間でウユニ塩湖に到着です。

到着した時点ではただの大きな水たまり。そこを車でどんどん進んでいきます。

綺麗な景色を見るにはドライバーの腕もかかっているのかもしれません。

車を走らせるにつれ、現れる美しい風景。

ずっとずっとこの目で見たかった風景。

私がウユニ塩湖の存在を知ったのは、2001年に放送された‶あいのり”という番組がきっかけでした。

あいのりという番組を観ていたわけではなく、たまたまついていたテレビに目をやった瞬間ウユニ塩湖の映像が流れていたのです。

そして、『私、いつかこの場所に行きたい…。』と行くことを決めました。

 

車を止めて外に出て、五感で風景を楽しみます。

まるで本当に天国に来たみたいです。

沈んでいく夕陽が本当に綺麗です。

ずっと憧れて止まなかった風景にやっと出会えて、言い表しようのない気持ちになりました。

こんな時いつも思い出すのは夢を叶えるために辛い思いをして頑張っていた頃の自分や、

夢のために手放さざるを得なかったものたち。

でも、そんな辛い経験を経たからこそ、手に入れたものはより一層尊く輝いて見えるのかもしれません。

ドライバーさんはたくさんの素敵な写真を撮ってくれました。

みんなでジャンプしている写真を撮りたいのに、タイミングが合わなくて服を濡らしながら何度も挑戦したり…。

結構過酷な環境の中、良い写真を撮るためにみんなで心を一つにして頑張った感はあります。

 

陽が沈んだ後、星空を見たかったのですがあいにく空は曇ってしまいました。

それでも帰り道に雲の隙間から見えた星空はとても美しかったです。

こうして、感動のウユニ初ツアーは幕を閉じました。

 

行き方・料金

ラパスからウユニへ

Todo Turismo社バス
時刻表:出発21:20-到着翌朝6:30
所要時間:約9時間~
料金:250BOB~(約4,250円)

【乗車場所】Todo Turismo社オフィス

Wara del salar

料金:ドミトリー1泊/50BOB~(約850円)
洗濯:手洗い可能6:00~8:00
ガスシャワー:7:00~11:00
電気ホットシャワー:24時間利用可
キッチン:あり

【アクセス】

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ボリビア

    インカ帝国の発祥の地!?太陽の島と月の島ツアー!!

    こんにちは!Norikoです。コパカバーナに滞在中の私はチチカカ湖…

  2. ボリビア

    川を渡って移動!?コパカバーナからラパスへ!!

    こんにちは!Norikoです。一刻も早く濃度の高い酸素を吸いたいと…

  3. ボリビア

    【2日目】私が涙した景色!?宝石の道に存在する数々の絶景!!

    こんにちは!Norikoです。ボリビアのウユニからチリのサンペドロ…

  4. ボリビア

    【3日目】標高4000mの温泉!?朝焼けに輝く湯船とチリ入国!!

    こんにちは!Norikoです。アタカマ抜けツアーもいよいよ最終日と…

  5. ボリビア

    まるで合宿生活!?ウユニで過ごした楽しく過酷な日々!!

    こんにちは!Norikoです。ウユニに訪れる旅人の目的の多くは、ウ…

  6. ボリビア

    世界一標高の高い首都!?私を憂鬱にさせたラパスの絶景!!

    こんにちは!Norikoです。ボリビアの事実上の首都ラパスに到着し…

PAGE TOP