メキシコ

メキシコシティは本当に危険な都市!?私が体験したメキシコシティ!!

こんにちは!Norikoです。

グアナファトの次に向かった先はメキシコの首都、メキシコシティ

治安が良くないと言うお話をよく聞くメキシコシティですが、果たしてどうなのか!?

‶事件に巻き込まれませんように…!!”とドキドキしながら移動をしました。

グアナファトからメキシコシティへ

朝9:30、乗車したバスはグアナファトのバスターミナルから無事出発いたしました。

そして5時間半後の15:00にメキシコシティ北バスターミナルに到着。

ちなみにカメラや携帯電話を取り出すのが怖くてほとんど写真を撮っておりませんので今回のブログは写真が少ないです。

 

メキシコシティにはいくつかの大きなバスターミナルが存在し、行き先によって使い分けが必要になります。

ちなみにグアナファトからのバスは北バスターミナルへ到着いたします。

 

バスターミナルからオフィシャルタクシーに乗車し、ホテルを目指しますが運転手がとてもご年配の方でどうやらホテルの場所がわからないようです。

「わからないからここで降りろ。」

というようなことを言われ、それは困る!と、maps.meで私がナビゲーションをしてなんとかホテルに到着いたしました。

メキシコシティ…、この先大丈夫だろうか?となんだか不安な気持ちになります。

 

私が体験したメキシコシティ

どうしても‶危険”というイメージが付きまとい、そのままホテルで休みたい気分でしたが私には南バスターミナルへ行き、翌朝出発のタスコ行きのバスチケットを購入するというミッションがありました。

タスコ行きのバスは週末はすぐに席が埋まってしまうと聞いていたのでどうしても手配しておきたかったのです。

 

南バスターミナルはホテルから離れているため地下鉄を利用する必要があります。

最寄りの地下鉄駅まで歩き窓口で切符を購入し、乗車です。

しかし、どの列車に乗車すれば良いのかいまいちわかりません。

近くに居た女性にTasquenaへ行くにはこの列車に乗車すれば大丈夫ですか?と訊ねると、彼女は「同じ方向へ行くから着いてきて。」と私を案内してくれました。

 

途中で1度下車し、列車の乗り換えをします。

彼女はセリアという名前で、一生懸命英語で会話をしてくれました。

「英語が下手でごめんなさいね。」

とおっしゃっていましたが、こちらこそスペイン語ができなくて申し訳ないという気持ちになります。

 

そして、

「これはメキシコの伝統的な食べ物なの。あなたにあげる。」

と言って不思議な食べ物をくれました。

どうやらこれは‶タマレス”という料理のようです。

トウモロコシの粉をラードで丸め、味付けしたチキンやチーズを中に入れてトウモロコシの葉で包み蒸したもののようです。

不思議な味がしました。

 

列車が私の目的地に到着する前に彼女は下車しないといけないとのことで、近くにいた若者に、

「英語は話せますか?Tasquenaに到着したら彼女に教えてあげてくれませんか?」

と声をかけてアフターフォローまでしてくれました。

 

「I like you.」

と微笑んで去って行った彼女。

 

他の街で出会ったメキシコ人も優しかったですがその優しさはメキシコシティでも健在でした。

とても温かい気持ちになります。

 

Tasquena駅に到着し、ほとんど隣接している南バスターミナルでタスコ行きのチケットを無事購入。

 

Tasquena駅の周りにはメルカドがあり、地元客の集まるローカル食堂がいくつかあります。

お腹が空いたので私も地元客に混ざり夕食をとることにいたしました。

 

しかし、店員がスペイン語しか話すことができず、メニューもスペイン語しかないため何を注文すればいいのかわかりません。

隣の席に座っている男性が美味しそうなスープを飲んでいたので同じものをくださいと注文しました。

 

その40代後半くらいの男性は私がスペイン語ができないことを察してくれ、私の代わりに店員に色々と注文をしてくれました。

スープの次は大きなグラスにフルーツジュースが入って出てきます。

どうやらスープとメインとドリンクで50MXN(約300円)のセットメニューのようです。

「トルティージャも食べますか?」

と男性に聞かれましたが金額がわからなかったので首を横に振ると彼はトルティージャを注文し、

私に2枚分け与えてくれました。

そしてメインは目玉焼きが乗ったピラフのようなご飯もの。

美味しくてすぐに完食。

「チキンも食べたいですか?」

と男性に聞かれたので、『食べたいです』と答えると次は煮込んだチキンがお皿に乗って出てきます。

「ポテトも食べたいですか?」

と聞かれたので『食べたいです』と答えると、彼はフライドポテトを注文し私に分け与えてくれました。

「他に食べたいものはありますか?」

と聞かれましたがこの時点で私はお腹がいっぱい。

しかも、これはきっとコースメニュー以外のものも注文しています。

 

彼がお会計をしていたので、私も店員にいくら支払えばよいのかたずねました。

しかし、店員は、

「彼があなたの分も支払ってくれたからあなたは支払う必要はないわ。」

と言います。

驚いて男性に『私はいくら支払えばよいですか?』とたずねますが彼は支払う必要はないの一点張りです。

 

彼に何度もお礼を言って地下鉄の改札口に向かって一緒に歩きます。

「あなたはこれからどこへ行くのですか?」

と彼に聞かれました。

『ホテルに帰るのです。』

と答えますが彼は何度も同じ質問をしてきます。

 

どういうことだろう?と少し怖い気持ちになります。

夜、知らない土地で知らない男性と2人で歩くのは正直本能的に恐怖を感じます。

 

でも、どうやら彼は私が降車する駅の名前を知りたかったよう。

駅名を告げるとプラットホームまで連れて行ってくれ、乗り換えの駅も教えてくれました。

夜の地下鉄は日本の通勤ラッシュ時のように混雑しています。

人が少なくなるのを待ってから、「君はこの車両に乗った方がいい。」と言って女性専用の車両乗り場まで連れて行ってくれました。

 

そして、お別れのハグをしました。

この時、なんだか心がジーンと温かくなり涙が出てしまいそうになりました。

 

旅をしていると無償の優しさをくれる人達にたくさん出会います。

私はこの日のことを一生忘れたくないし、忘れないと思います。

 

‶危険な都市”だと思っていたメキシコシティ。

しかし、初日に私がそこで感じたのは人の優しさでした。

 

行き方・料金

グアナファトからメキシコシティへ

Primera Plus社バス
所要時間:約5時間半~
料金:片道602MXN~(約3,010円)

【乗車場所】

【降車場所】

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. メキシコ

    アーティストが集まる世界遺産の街!?サンミゲル・デ・アジェンデへの旅!!

    こんにちは!Norikoです。グアナファトに滞在中、サンミゲル・デ…

  2. メキシコ

    メキシコ再入国!!お洒落なカフェが並ぶ街、サンクリストバル・デ・ラス・カサス!!

    こんにちは!Norikoです。約1週間のグアテマラでの旅を終え、再…

  3. メキシコ

    メキシコの絶景プール!?石の滝を巡るオアハカ近郊ツアー!!

    こんにちは!Norikoです。オアハカ近郊には‶石の滝”と呼ばれる…

  4. メキシコ

    新・世界七不思議チェチェン・イッツァーツアーと聖なる泉グラン・セノーテ!!

    こんにちは!Norikoです。世界遺産にも登録され、マヤ文明遺跡の…

  5. メキシコ

    サボテンで溢れたメキシコの街!?オアハカへの旅!!

    こんにちは!Norikoです。夜行バスに乗り、向かった先はオアハカ…

PAGE TOP