ペルー

地獄の果てに見た絶景!?ペルーの秘境レインボーマウンテン!!

こんにちは!Norikoです。

数年前からペルーの観光名所として有名になりつつあるレインボーマウンテン

その名の通り、虹色に見える山はとても美しく幻想的とのことです。

しかし、その姿を見るには標高5000mを超える高所を登らなければならないとか…。

果たして今の自分にそのような体力があるのか不安に思いましたが、クスコから日帰りのツアーで行くことができるとのことなので意を決して行って参りました!

 

出発前日

レインボーマウンテンへ行くにはツアー会社に申込みをする必要があります。

今回もマチュピチュ観光の際に利用させていただいたCUSCO TIERRA ANDINAで申込みをいたしました。

料金は少しだけディスカウントをしていただきPEN80(約2,720円)。

他の旅行会社の料金も確認しましたが、PEN70~PEN85くらいが相場のようです。

 

早朝3:00~4:00の間に送迎の車が宿に迎えに来るとのことでしたので、帰ってすぐに眠る準備をいたしました。

しかし、ここで予期せぬ出来事が…。

実はその日は宿のオーナーであるママの誕生日ということでたくさんの親族や友達が集まってパーティーが始まったのです。

「今日は私の誕生日なの。騒がしくてごめんなさいね。」

と、申し訳なさそうに言われた私は

『全然問題ありませんよ!おめでとうございます!気にせず楽しんでください!!』

と言わざるを得ず…。

「よかったらNorikoもケーキを食べて!」

…と、ありがたいことに就寝前に生クリームの乗ったケーキをいただき胃もたれをしました。

宴は深夜2時頃まで続き、結局私はほとんど眠ることができず…。

最悪のコンディションでレインボーマウンテンに臨むことになりました。

 

クスコからレインボーマウンテンへ

早朝3:00、準備を整え待ちますが一向に迎えは来ません。

4:00になりやっと1台の車が宿に迎えに来ました。

それから他の宿を回り私の他に3名の方々をピックアップしてレインボーマウンテンへと向かいます。

この時点で私はかなりの疲労を感じており車内で爆睡。

次に目が覚めた時、車は山道を走っていました。

そして、小屋に到着して朝食です。

朝食の時間になった途端、俄然元気が出てきました。

大きな菓子パンを2切れとホットコーヒー。他の皆様はパンを1切れしか食べていなかったのでお腹は空いていないのかな?と不思議に思いました。

その後、ガイドから登山に関する注意事項や説明等があったようですが全てスペイン語だったのでほとんど理解できず。

英語のツアーを選んだはずでしたが、きっとガイドも英語を話すのが面倒だったのでしょう。

出発前にトイレに行こうと小屋の外に出るとそこには絶景が広がっていました!

時折コンドルが飛ぶ姿を目にし、その南米らしい風景に感動します。

 

そして、再び車で走り、スタート地点に到着です。

ここから私達の闘いが始まります。

ゲートをくぐり少し歩いたところで私はまず、馬を借りました。

こちらが頂上付近まで私を乗せて行ってくれる馬さんとその馬を導いてくれる担当のお兄さんです。

往復90PEN、片道60PENと言われましたが片道50PENにディスカウントしていただき交渉成立。

えっ?馬を使うの?と思われるかもしれませんが、そもそも私は登山がしたいわけではなくレインボーマウンテンという絶景が見たくてこの場所に来ました。

途中で疲れ果てて体調が悪くなってしまったらせっかくの絶景も楽しむことができません。

自分の中で協議した結果、往路は馬を利用し体力をセーブする作戦に出たということです。

馬に乗り、さっそく出発です。

こんな高所に住んでいる人がいるのか、建物もいくつか目にしました。

そして、草を一生懸命食べる私の大好きなアルパカの群れ!!

だんだんテンションが上がってきます。

それにしても本当にすごいなと感心するのは、私の馬を導いてくれるお兄さんは高所に悪路にもかかわらず物凄いスピードで馬を引っ張って歩くところ。

さらに気温はかなり低く寒いはずなのに靴下も履いていないサンダル姿で水たまりにバシャバシャ入りながら歩いています。

そして、馬に乗ること約1時間半。

馬のおかげで無事5000m地点に到着。

最後まで馬に乗せて行ってもらいたいところですが、最後の1番きつい斜面は馬は登れないので自力で登らなければいけません。

馬とお兄さんとお別れをし、息を切らしながらゆっくりと自分の足で登ります。

標高5200m!!

ほとんど頂上に近いです。

このあたりでは温かいコカ茶が販売されていたり、アルパカを連れた小さな子供が写真を撮らないか?と声をかけてきたりします。

まだ4~5歳の子供に見えましたが、こんな標高が高い場所でも平気なのかなと驚きました。

私は全然平気ではなく1歩踏み出すたびに休憩をしたい衝動に襲われていました。

馬を利用したというのにほとんど瀕死の状態です。

そして、最後の力を振り絞って登頂!!そこで目にしたレインボーマウンテンはとても不思議な色をしていて感動いたしました!

これがレインボーマウンテン…!!

さらに自分が歩いて来た方向に目をやると別の絶景が…!!

もはやレインボーマウンテンだけでなく、レインボーマウンテンへ行く途中の道のりも絶景の宝庫です。

帰路は自分の足で歩いて絶景を堪能しました。

地面も不思議な色をしています。

途中で雨が降ってきたり晴れたり…。

雨に濡れながらもひたすら歩き続けました。

羊の群れも見かけました。

 

そして、12:30…。

出発したゲートになんとか戻って来ることができました!

小さなお店があちこちに出ています。

お店を見ながら他のメンバーの到着を待っていました。

民族衣装を着た女性達の姿が目立ちます。

とても可愛らしい衣装を着ているにもかかわらず、彼女達はとても強そうに見えます。

 

そして、ここでもアンデスの春を祝うお祭りが開催され、派手な衣装を着用した地元民の方々が音楽に合わせて踊っていました。

そのせいで道路が渋滞し、車を出すことができないのでしばらく待機していてほしいとガイドさんに言われます。

私は疲れと寒さからか高山病になりかけて嘔吐しそうになっていたので車内で身体を温めながら待機していました。

もはやお祭りを見学する気力もありませんでした。

メンバーのチリ人カップルやメキシコ人女性も心配をしてくれ、お菓子をくれたりしました。

 

そして、1時間弱後に車は出発。

朝食をとった小屋に戻り、今度は昼食です。

温かいスープを飲んだら俄然食欲が湧いてきました!

昼食はブッフェスタイル。

想像していたよりも豪華で美味しかったです。

とくにこちらの料理は豚の生姜焼きのような日本人好みの味付けでご飯が進みました。

少し前まで嘔吐しそうになっていたというのに、メンバーの中の誰よりもたくさん食べている私。

小屋の外に出るとそこにはやはりのどかな風景が広がっていました。

私はこの風景がとても好きだなと思いました。

 

そして、車はクスコに向けて再び出発。

18:00頃にクスコに到着し、ツアーは無事終了です。

 

体力の面でとても心配だったので参加を迷っていたレインボーマウンテンのツアーですが、

結果的に参加してよかったなと思いました。

レインボーマウンテンはもちろん、そこにたどり着くまでの途中の道もとても美しいです!

ただ、体力に自信のない方は馬の利用をお勧めします。

 

行き方・料金

CUSCO TIERRA ANDINA
所要時間:約14時間~
料金:80PEN~(約2,700円)
ツアー内容:
・宿泊施設からレインボーマウンテンまでの送迎(往復)
・レインボーマウンテン入場料
・朝食
・昼食
※乗馬する場合は別途費用がかかります。往復90PEN、片道60PEN(交渉可)

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ペルー

    憧れの街クスコに到着したのに私が街歩きを楽しめなかった理由!!

    こんにちは!Norikoです。アレキパから夜行バスに乗り、たどり着…

  2. ペルー

    人魚が住む湖がある!?砂漠の中のオアシス都市ワカチナへの旅!!

    こんにちは!Norikoです。ペルーには世界遺産都市クスコやマチュ…

  3. ペルー

    見どころがいっぱい!?世界遺産都市クスコの街歩き!!

    こんにちは!Norikoです。世界遺産として登録されているかつての…

  4. ペルー

    ガイド同伴義務化!?入場時間2部制!?謎の空中都市マチュピチュへ行ってきました!!

    こんにちは!Norikoです。ペルーの有名観光地と言えば、空中都市…

  5. ペルー

    白く輝く美食の街!?美しい世界遺産都市アレキパ!!

    こんにちは!Norikoです。砂漠の中のオアシス都市ワカチナから向…

  6. ペルー

    標高3800m超え!?チチカカ湖に浮かぶウロス島ツアー!!

    こんにちは!Norikoです。5日間滞在したクスコを離れ、次に向か…

PAGE TOP