アルゼンチン

意外と楽しい!?サルタの街を観光した私が出会ったものたち!!

アルゼンチンの北部に位置するサルタ。観光の拠点にするために滞在することになった。

サルタの街自体にはこれと言った観光名所があるわけではない。

しかし、街歩きをしたところ思いのほか楽しく過ごすことができた。

サルタの街

サルタの街に到着して感じたことは「なんだか日本の夏に雰囲気が似ているなぁ。」ということだった。

ボリビアやアタカマと違いこの街には暑さに加え‶湿気”があったのだ。

日本が少し恋しくなってしまった。

私が宿泊している宿は街の中心部まで少し離れていたが、景色を楽しみながら歩いてみることにした。

市街

街の中心部まで歩いて行くと、そこにはヨーロッパ風の洗練された街並みがあった。

このような風景を見るのは一体いつぶりになるのだろうか。

私のお気に入りはこちらのピンク色の建物だ。

とても可愛らしい。

先進国にやってきたんだなという安心感が私を襲う。

こうして、街の中心部に繰り出した私はいくつかの旅行会社を訪問し、‶雲の列車”ツアーの申込みを試みた。

雲の列車とはサルタからサン・アントニオ・デ・ロス・コブレスまでのアンデス山脈を走る列車のことだ。

最高、標高4000mを超える場所も走ることからこのように呼ばれているのだとか。

列車から見える景色は絶景!!…とのことだが、値段が高くあまり行きたいという気持ちになれなかったので少し迷ってから止めることにした。

無理をして観光するより自分の気持ちに素直に従って行動することが大切だ。

ジェラート屋

街をフラフラと散歩していた私は、大好きな例の物を発見してしまった。

ジェラートだ。

アルゼンチンの人々は一年を通してたくさんのジェラートを消費するそうだ。

イタリア系移民も多く、移住してきた彼らがジェラート屋を始めたのだとかいう話も聞いた。

要するに、アルゼンチンには美味しいジェラート屋がたくさん存在すると言えるのかもしれない。

さっそく注文して食べてみたが、まさに絶品!

コーンにチョコレートが塗ってあるという点も、部類のチョコレート好きの私にはポイントが高い。

こちらはサンドイッチ屋。サンドイッチ屋も至るところで見かけた。

しかし、こんな風に保管・販売されているのは初めて見た。

市場

翌朝、私が向かったのは大好きなメルカド(市場)だ。

通りはたくさんの人たちで賑わい活気に満ちていた。

さあ、メルカドに潜入だ。

まず私の目に飛び込んできたのは、たくさんの美味しそうな食べ物たちだった。

アツアツのとろけるチーズたっぷりのピザ。

あのトロトロ具合を見ていると、気が狂いそうなくらい食べたくなってくるから不思議だ。

なんと、ボリビアで毎日のように食べていた私が大好きなエンパナーダがここにも!!

2階へ上がると、そこにはいくつかの食堂があり食事がとれるようになっていた。

美味しそうなエンパナーダを見つけた私はさっそく注文した。

1つ10ペソ(約53円)で中の具はチキンとビーフがあった。

着席して待っていると店員が温めたエンパナーダを席に運んでくれた。

私はエンパナーダとの再会に感動していた。

また、あの美味しい食べ物を食べることができる。期待に胸をふくらませ一口頬張ってみた。

 

ん?

…あれ??

正直、あまり美味しくない…!!

 

正直、そのまずさに驚いた。選んだお店がいけなかったのか?好みの問題か?それとも…!?

完全に私の独断と偏見による判断だが、

“エンパナーダはアルゼンチンよりボリビアの方が美味しい”

私はそう結論づけた。

エンパナーダの最高峰といえば、私の中ではボリビアだ。

実際にこの後もボリビアのエンパナーダに勝るエンパナーダはアルゼンチンでは出会うことはなかった。

メルカドには欠かすことができない野菜・果物屋。

そして、アルゼンチンと言えば肉だ。

たくさんの肉がここでも販売されていた。

やはり市民の生活を感じることができる市場散策は面白い。

 

アルゼンチンは親日国?

アルゼンチンと言えば日本から遠く遠く離れた国。

私は今までの生活の中でアルゼンチン人という人たちのことを特別に意識したことはなかった。

 

その日、私はスーパーマーケットのレジの列に並んでいた。

すると私の前に並んでいた中年の男性が『どこから来たのか?』と声をかけてきた。

「日本から来ました。」

私はそう答えた。

すると彼はスーパーマーケット内に居たらしい彼の娘さんを呼び出し、私に紹介し出した。

そしてレジの順番を譲ってくれ、さらに私の会計時に会員カードのようなものを提示して私の買い物が10%割引になるようにしてくれたのだ。

『日本は世界一素晴らしい国だよ!日本人はとても頭がよくて、日本は最新の技術を持った国だ。我々アルゼンチン人はみんな日本のファンだよ!』

そんな言葉をくれた。

実は、“アルゼンチンの人々はアジア人に対して冷たい”という噂を他の旅人から聞いたことがあった。

なので、このような彼の対応に私は少し驚いた。

もちろん、アルゼンチン人といっても考え方や振舞い方は人それぞれだとは思うが。

しかし、日本のことをそんな風に褒めてもらえて私は素直に嬉しかった。

 

ちなみに、スーパーマーケットのレジに並んでいる時、前に並んでいる方が男性だと高確率で順番を譲ってくれた。

レディーファーストの文化でもあるのだろうか。

私がここで出会ったアルゼンチンの方々はとても優しい方が多かったように感じる。

 

アクセス

Glup’s Helados(ジェラート屋)

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

↓ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. アルゼンチン

    ウマワカ渓谷の絶景!?4人で出かけたレンタカーの旅!!

    ボリビアとの国境に近く、アルゼンチン北部に位置するウマワカ渓谷。そ…

  2. アルゼンチン

    アルゼンチンで引きこもり!?長期旅行者にありがちな旅疲れに陥る!!

    ついに私にも長期旅行者特有のあの症状が現れた。体調不良に陥る…

  3. アルゼンチン

    絶景の連続!?アタカマからサルタへのバス移動!!

    砂漠の街、アタカマを出発して次に向かったのはアルゼンチンのサルタと…

PAGE TOP