グアテマラ

【閲覧注意】願いが必ず叶う!?イツァパ村に祀られる土着神サンシモンと謎の儀式!!

こんにちは!Norikoです。

※閲覧注意という程ではないかもしれませんが、動物の生首の画像をアップしておりますので苦手な方はご注意ください。(血液は写っておりません)

アンティグア周辺にはいくつかの火山があり、トレッキングが可能なようです。

旅行会社のツアーに参加しても料金はUS$10〜とお値打ちなため、参加を検討していました。

なんと言っても真っ赤なマグマを間近で見てみたいと思っていたからです。

しかし、よくよく調べみるとマグマを見ることができるのは火山が噴火した後の限られた期間であり今のタイミングでは見ることができないとのこと。

迷った挙句、私としのぶさんは‶もう1度どこかの村へ行こう”という結論に至りました。

 

調べた情報によれば、アンティグアから行くことのできる村はサンタ・マリア・デ・ヘススの他に、

  • Patzicra
  • Patzun

という村であることがわかりました。

この2つの村はかなりマニアックな村のようです。

おそらく観光地化されておらず見所も少ないことでしょう。

それが、またいいのですが。

 

どの村にすべきかと食堂に貼ってあるグアテマラの村紹介を見ていた時、目に飛び込んできたのは土着信仰の文字。

その地域特有の神様なんて面白いなと思い当初の選択肢にはありませんでしたが、しのぶさんに土着神が祀られているイツァパ村という村に行きたいと提案しました。

サン・アンドレス・イツァパ村への旅

翌日、メルカドに隣接されているバスターミナルからチキンバスに乗車し、早速イツァパ村へと出向きました。

この時、私は初めてチキンバスに乗車いたしました。


チキンバスというのは正式名称ではないようですが、チキンを持って乗車する人が多いのでチキンバスと呼ばれているとか…。

真相は定かではありません。

かつてはアメリカのスクールバスであり、子供達を乗せて走っていたようですが現在ではグアテマラでグアテマラ市民を乗せて走っている。それがチキンバスです。

初めて見た時は、なんて派手なバスなんだろうと驚きました。

 

40分程走り続け、バスはイツァパ村に到着いたしました。

どうやら村の中心部のようです。

少し村の様子を確認するために歩いてみました。

 

写真では非常に分かりづらいですが遠くにカラフルな家が建ち並びとても可愛らしいです。

 

問題のサンシモンを祀る教会(?)はどこにあるのかと村人に聞くと、少し離れているのでトゥクトゥクで行った方が良いと言われます。

トゥクトゥクを捕まえ、サンシモンの教会へ行きたいのですが知っていますか?と尋ねると“知っている”との回答が。

やはり地元でも有名なのでしょうか。

しのぶさんがドライバーと交渉してくれ、6GTQ(約90円)で交渉成立。

 

5分程走り、目的の場所に到着いたしました。

大通りから細道に入り、少し進んだところにサンシモン教会へと続くゲートがあります。

 

ゲートをくぐり敷地内に足を踏み入れると、そこは異様な雰囲気に包まれていました。

“何かがおかしい”

と、本能的に察知します。

 

恐る恐る近づいてみると教会の前には信者達が集まり、一生懸命葉巻を吸っています。

このようなことを言っては大変失礼ではありますが、その姿はまるで集団で危ない薬でもやっているかのよう。

そして、あちこちで燃えている炎。

花や果物が燃やされています。

生贄でしょうか…。

動物の生首が置かれていました。

写真には写っておりませんが、首元には微妙に血液が付着していたので本物かと思います。

教会へと続く壇上にはサンシモン信仰グッズも販売されています。

さらに、写真右上に写っている老婆が時折炎に向かって呪文のようなものを唱えていました。

 

この時、サンシモン信者達の想像以上の“本気度”を感じ私の頭の中は興奮状態にありました。

 

そして、どこからともなく聴こえてくるこの場に不釣り合いな妙に明るいアコーディオンか何かのメロディー。

そのメロディーがこの場の異様さをさらに増長させています。

 

私達は恐る恐る教会の中に足を踏み入れました。

 

薄暗い教会内の壁にはビッシリとプレートが貼り付けられていました。

スペイン語はほとんど読めませんが、“Gracias San Simon(ありがとう、サンシモン)”の文字を見る限り、サンシモンのおかげで願いが叶った、難病が治った、恋愛成就した…等お礼のプレートのようです。

願掛けのプレートもあるようでした。

たくさんの蝋燭が添えられ、祈る人々の姿がそこにあります。

 

そして、聴こえてきたメロディーの正体を突き止めました。

3人の音楽隊の男性が一定の時間になると一斉に立ち上がりメロディーを奏でるのです。

そして演奏が終わると所定の位置に黙って座ります。

その、変に規則正しく動く様はまるでゼンマイ仕掛けの人形のようでした。

 

今まで色々な国の教会、修道院、シナゴーク、モスク、神社や寺を訪問したことがありますがこの場所は極めて異様な雰囲気を放っておりました。

 

そして、いよいよサンシモンとご対面です。

ドキドキしながら階段を登ります。

 

紹介が遅くなりましたが、サンシモンとはスペイン系の白人男性の姿をした神様で、

酒と女と煙草が好きという特徴から人々に愛され、信仰された神様のようです。

このようなことを言ったら失礼ではありますが、酒と女と煙草が好きという特徴のどこに信仰し、崇拝される要素があるのか…。

しかし、彼は医者でありシャーマンであり…とにかく凄い方だったとも言われています。

 

サンシモンの足元には彼の好きなお酒がたくさん供えられていました。

そして、そこにサンシモンはいました。

ネクタイが、ズレています。

 

正直、この時点で私の頭の中は最高に混乱していました。

 

サンシモン参拝を終え、教会の外に出ると見知らぬ男性が「蝋燭を買わないか?」と声をかけてきます。

どうやらその蝋燭をサンシモンに捧げると願いが叶うようです。

しのぶさんがちょっと買ってくるから待ってて!と男性に付いていきました。

 

私はまたその場の雰囲気に混乱し、気が付くと信者達が集まって座っている椅子に腰掛けていました。

みんな私に無関心で一生懸命葉巻を吸ったり祈りを捧げています。

 

ふとそこで我に返り、急にしのぶさんのことが心配になりました。

昼間とは言え、グアテマラで知らない男性について行ってしまって大丈夫だろうか?

何かあったらどうしよう…。探しに行こうか?

でも行き違いになってしまったら…。

なぜ、私も一緒について行かなかったんだろう…。

 

そんなことを考えながら敷地内をウロウロしていると、赤い蝋燭を2本持ったしのぶさんが笑顔で戻ってきました。

それを見て安心します。

 

「赤い蝋燭は恋愛に効くみたいだよ!他にもお金や健康や仕事とか…9種類あったから全種類買おうかと思ったけどそれだと効果がわからなくなっちゃうから1番効果がわかりやすい恋愛にしてみたよ!」

とのこと。

こんな時にそこまで考慮して蝋燭を選ぶことができるなんてさすがしのぶさんです。

 

さて、サンシモンの元へ再び戻ろうとすると今度は見知らぬ女性が声をかけてきます。

スペイン語で何をおっしゃっているのかさっぱりわかりませんでしたが、しのぶさんが途中で彼女の真意に気づきます。

‶儀式を受け、浄化することによってサンシモンへ捧げる願いは叶うのだ”…ということを。

実は私たちはイツァパ村に来る前にインターネットで情報を調べていました。

その情報の中に‶儀式を受けた”との情報がありましたが、今私たちが置かれている状況はその情報に酷似していました。

 

儀式は1人50GTQ(約750円)と提示されましたが、

しのぶさんが「私の友人は20GTQで受けたと言っていた」と言うとあっさり20GTQに値下がりしました。

インターネットの情報でも20GTQと書いてあったので相場は20GTQのようです。

それから儀式に使う道具だからという理由で強制的に草花のようなものも購入させられました。

こちらは1束5GTQ(約75円)でした。

 

そして、私たちは女性の後を追います…。

 

教会から出てほんの少し歩いたところに儀式の場はありました。

建物にはいくつか部屋がありましたが、案内された部屋に入るとそこには祭壇のようなものがあります。

 

まずは、私から儀式を受けることになりました。

彼女は呪文のように何かを唱えながら、先ほど購入した草花で私の全身を清めるように払います。

そして、お酒か何かの謎の液体をびしゃびしゃと振りかけられました。

かなりの量を振りかけられるので冷たさに驚きます。

 

儀式が終わりを迎えると、私はサンシモンに赤い蝋燭を供えました。

その間約2~3分程。

 

そして、今度はしのぶさんが私と同じように儀式を受けます。

しのぶさんが儀式を受けるのを見ながら、‶そういえば、恋愛成就の儀式なのに1秒も恋愛について願わなかったな”と気づきました。

次は何をされるのだろう…と若干怯えていました。

 

儀式を終えると、女性は‶これでもう大丈夫だ”と言わんばかりの得意げな表情をしました。

そして私達は部屋を後にします。

 

建物内にあった謎のサークル。

他の部屋にもサンシモンらしき神様が祀られておりました!

 

それから私達は歩いて村の中心部へと戻り、再びチキンバスに乗ってアンティグアへと帰りました。

『お互い素敵なハズバンドを見つけた際は、またこの地に来て‶Gracias San Simon(ありがとう、サンシモン)”のプレートを一緒に飾ろう』という約束をし…。

帰りのチキンバスでパワーを使い果たした私はウトウト眠ってしまったのですが、その時イヤイヤをするように首を激しく横に振っていたのでそれを見たしのぶさんは‶呪われた”と思ったそうです。

 

また、後日談ではありますが…

グアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナにある日本人宿のオーナーのヒデキさんの情報によれば、

サンシモンの恋愛成就の力はかなり強力で、

「今まで参拝に行って恋愛成就しなかった人は1人しか知らない。その人は男性だったんだけど女の子たちはみんな結婚してるよ!」

とのことでした。

 

ヒデキさんからお借りしたグアテマラの歴史や文化が記してある本を読んだところ、

‶10月28日のサンシモン祭にはメキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、米国など各地から参拝者が訪れます。子授け、恋愛成就に利益あり。”

との情報が載っていました。

 

ヒデキさんは言っていました。

「サンシモンはとんでもない男で手足をちょん切られて殺されたんだ…。」

と。

 

この世の中には色々な神様がいて、その神様を信仰している人達がいる…。

 

私としのぶさんが再びサンシモンの元を訪れ、“Gracias San Simon(ありがとう、サンシモン)”のプレートを掲げる日はやってくるのでしょうか。

 

サンシモンの力、お手並み拝見です。

 

行き方・料金

アンティグアからイツァパ村へ

ローカルバス(チキンバス)
所要時間:約40分~
料金:5GTQ~(約75円~)

【乗車場所】アンティグアバスターミナル

イツァパ村バスターミナルからサンシモン教会へ

トゥクトゥク
所要時間:約5分~
料金:~6GTQ(~約90円)

徒歩
所要時間:約25分~

【Templo De San Simón (Maximón)】

サンシモンの儀式

儀式代:20GTQ(約300円)
草花代:5GTQ(約75円)
蝋燭代:1GTQ/1本(約15円)

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

↓応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

関連記事

  1. グアテマラ

    マヤ遺跡の最高峰!?ティカル遺跡と、可愛い家が建ち並ぶフローレス島!!

    こんにちは!Norikoです。メキシコから国境を越えてグアテマラの…

  2. グアテマラ

    十字架の丘とアンティグアのレストラン・カフェ情報!!

    こんにちは!Norikoです。居心地の良かったアンティグアでの滞在…

  3. グアテマラ

    名物は民族衣装と洗濯場!?サンタ・マリア・デ・ヘスス村への旅!!

    こんにちは!Norikoです。アンティグアへ到着して、しのぶさんと…

  4. グアテマラ

    世界一美しい湖、アティトラン湖のほとりの村で…

    こんにちは!Norikoです。しのぶさんとお別れをし、アンティグア…

  5. グアテマラ

    ずっと憧れていた街、アンティグア到着と‟再会”!!

    こんにちは!Norikoです。今回はフローレスからグアテマラの首都…

PAGE TOP