キューバ

魅惑の社会主義国家キューバ入国とビニャーレスの旅!!

無事、キューバに入国できた。旅の始まりはビニャーレスから。
キューバ入国

雪の積もるトロントを経由し、到着したのはキューバの首都ハバナ。

南国のようなゆるやかな雰囲気が漂う空港は首都の空港とは思えない程簡易な造りをしていた。

アメリカとの国交は回復したものの、トランプ政権の影響で少し入国が厳しくなったというような話を聞いていたので入国に関しては少し緊張していた。

しかし、パスポートを提出し写真撮影が終わると入国審査官はあっさりと入国スタンプを押してくれた。

 

そして、『ウェルカム!!』と笑顔をくれた。

 

カサ(民宿)でチェックインの際にパスポートを提出するとカサのオーナーは驚いていた。

パスポートを確認すると入国スタンプの日付は2018年12月1日となっている。

今日は、2018年1月1日だった。

この出来事がキューバがどんな国であるかを物語っているような気もした。

『きっと、私はこの国を好きになる。』

そう直感した。

 

キューバについて

ここで、キューバについて簡単に紹介させていただこうと思う。

中米カリブ海に浮かぶ島国のキューバはスペインやイギリスの植民地時代を経て独立した社会主義国家だ。

通貨

CUC(観光客用通貨)
CUP(人民元)

の2種類の通貨が存在する。

そしてレートは、
1CUC≒130円
1CUC≒30CUP

とないる。(2018年1月時点)

‶観光客用の価格設定”が存在するというのは海外においてよくある話かもしれないが、キューバではそれが政府公認…ということなのだろう。

悪く言えば国を挙げてのボッタくりだ。

もちろん観光客もCUPを使用することは可能だ。

しかし、嫌な顔をされたり受け入れてもらえないこともあると聞き気の小さい私はCUCを使用することを決意した。

旅行期間も長くないしいいよね、と自分に言い聞かせる。

しかし、CUPを利用しないとかなり物価の高い国となってしまうので節約必須な場合はCUPを両替しておくことを勧める。

両替

街の中に設置されているATMの数は少なく、そして故障していることも少なくない。

クレジットカードの利用は一部の高級ホテル・高級レストランと限られており、4~5%の手数料も取られるため基本的に現金を両替して使用する。

空港、街中にあるCADECAで両替が可能だ。

US$からの両替は課徴金10%を徴収されるので日本円やユーロからの両替をお勧めする。

その他両替手数料3.5%も徴収されていた。

また、CADECAには常に列ができているので空港であらかじめ必要な分を両替しておいた方がよいかもしれない。

Wi-Fi

キューバではフリーWi-FiスポットどころかWi-Fiというもの自体ほとんど存在していないようだった。

一部の高級ホテル、運が良ければごく稀にカサにもあるそうだ。

基本的にはETECSAというお店でカードを購入し、公園などのWi-Fiスポットでインターネットを繋ぐ。

そして、ETECSAのカード売り場には常に長い行列ができている。

購入時もパスポートを見せたり、ちょっとした手続きが必要ですんなり買うことは難しい。

ログイン画面が出たらカードに記載されたIDとパスワードを入力して使用するというシンプルなシステムだ。

Wi-Fiスポットでは常にたくさんの人たちがインターネットを利用しているせいか通信速度も遅く、なかなか画面を読み込むことができずに苦労した。

高級ホテルのWi-Fiも試したが全く繋がらず、周りにいる方々もみんな繋がらないと嘆いていた。

私は奇跡的にInstagramを2回程アップすることができた。大きな収穫だ。

料金:1時間/1CUC(約130円)~

 

ビニャーレスへの旅

ハバナに到着した翌朝、カサのオーナーに手配してもらったコレクティーボタクシー(乗合いタクシー)でさっそくビニャーレスへと向かう。

ビニャーレスは、大自然に囲まれた小さな街だ。

そして、ビニャーレス渓谷は世界遺産にも登録されている。

こちらが今回私が民泊したカサだ。

 

ここでは楽しみにしていた、人生初の乗馬体験をした。

のどかな街や大自然の中を馬に乗って散歩するのはまるで冒険をしているようでワクワクする。

そして、キューバといえば葉巻が有名だ。

途中で葉巻の製造所に立寄り、その製造過程などを見学した。

『試しに1本吸ってみろよ!』と指名され、私が吸うことになる。

喫煙の経験といえば水タバコを2、3度吸ったことがある程度だ。

吸う部分に蜂蜜が塗ってありとても甘かったが、案の定むせてしまって上手く吸うことができなかった。

もし、自分がタバコを吸う人間だったらさらに楽しめたかもしれない。

 

その後、コーヒーの製造所に立寄りコーヒー豆の製造過程を見学した。

写真の腕前の都合でぼやけた写真になってしまったが、これがコーヒーの実だそうだ。

私は特別コーヒーが好きなわけでもなかった。

しかし、馴染みのある飲み物の製造過程について知ることができてよかったと思った。

 

出発から3時間半ほどでカサに戻った。

この子が私を乗せて運んでくれた馬だ。

乗馬は思った以上に体力が必要でお尻が痛くなるが、慣れてくると本当に楽しい。

今まで私の中で馬は‶カッコいい生き物”であり‶可愛い”の対象ではなかったが従順で私の指示を的確にこなす馬に対し初めて‶可愛い”という感情が芽生えた。

街並みが可愛いビニャーレスの中心街。クラッシクカーがよく似合う。

いかにもキューバらしい建物。バーか何かだろうか。

こちらのカラフルな家々も綺麗だ。

夜はカサのオーナー家族たちと食卓を囲んだ。キューバの家庭の味。

カレーライスのような食べ物やローストされた豚肉、焼きバナナなど初めて食べる料理もあったが口に合うものばかりで美味しかった。

焼きバナナはまるでサツマイモを食べているような風味だった。

デザートは謎の揚げパンのようなお菓子にグァバソースをつけて。

今年94歳になるおばあちゃん。

スペイン語で一生懸命私に話しかけてくれた。何を言っているのか全くわからなかった。

もっとスペイン語を理解することができたら…もっと勉強していれば…と猛省した。

この旅で少しでもスペイン語の能力を伸ばせるように頑張ろう。

 

翌朝、テラスで自然に囲まれて朝食をいただいた。

放し飼いの鶏がたくさんいて田舎の空気が漂ってる。

私はこの雰囲気が好きだった。

キューバの朝食。

カッコいいクラッシックカーのコレクティーボタクシーがお迎えにやってきてテンションが上がる。

朝食を終え、カサのオーナーに別れを告げて車に乗り込む。

そして、海が綺麗なリゾート地、バラデロへと向った。

 

行き方・料金

ハバナからビニャーレスへ

Viazul社バス
時刻表:出発9:40-到着12:40 出発14:30-到着18:20
所要時間:約3~4時間
料金:片道US$12(約1,350円)
※ハイシーズンはすぐに満席になるためインターネットでの予約をお勧めいたします。
(インターネット予約は11日前までに)

【乗り場】ハバナViazul社バスステーション

 

コレクティーボタクシー
時刻表:リクエスト可(私は10:30出発でした)
所要時間:約2時間30分~
料金:片道20CUC~(約2,600円)
※乗車希望前日までにカサのオーナーか街のタクシードライバーに依頼。料金は交渉次第だと思います。
ホテルやカサまで迎えに来てくれます。

※ハバナViazul社バスステーションはホテルやカサが点在する地区から少し離れており、タクシーを利用すると約5CUC~料金がかかってしまうのでドア to ドアで移動できるコレクティーボタクシーが便利かもしれません。

ビニャーレス乗馬

所要時間:3時間30分 ※ある程度選択可能なようです
料金:30CUC(約3,900円) ※もう少しお値打ちなツアーもあるようです
内容:乗馬・葉巻製造所見学・コーヒー製造所見学(ワンドリンク付き)
※カサで予約可能。カサまでお迎えに来ていただけます。

 

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます!

ランキングに参加しています。

応援クリックしていただけると嬉しいです!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事

  1. キューバ

    世界一美しいビーチ!?キューバのバラデロへの旅!!

    キューバのバラデロには、あのコロンブスが上陸した際に‶人間が目にした最…

  2. キューバ

    時が止まった世界遺産都市!?キューバの首都ハバナの旅!!

    私のキューバの旅は首都ハバナから始まった。そして、私は再びそのハバ…

  3. キューバ

    可愛さに感動!?キューバの世界遺産古都トリニダード!!

    世界遺産にも登録されている古都トリニダード。私がキューバの中で最も…

PAGE TOP