ボリビア

ここは天国!?最高に美しいウユニ塩湖の絶景とトリック写真!!

2018-10-12

ウユニ塩湖の美しい鏡張りの景色を見るには様々な条件が必要となる。

たくさんツアーに参加すればその分美しい景色を見られる確率も上がるというわけだ。

私は滞在中、合計4回のツアーに参加した。

その中でも特に美しい景色に出会えた時のツアーについて紹介させていただこうと思う。

 

同室のなつきさんに声をかけていただき、なつきさん、タイ人のミックス、まささん、よしさん、りなさんの6人でツアーに出かけた。

カメラが趣味のタイ人のミックスがBrisa Toursで1日車を借りてくれ、モデルが必要ということだったのでモデルの一員としてそのツアーに便乗させていただいたのだ。

ウユニ塩湖内の観光名所

国旗の広場

まず、私たちが最初に訪れた場所はここだ。

ウユニ塩湖に来たらぜひ行ってみたいと考えていた場所でもある。

名前はわからないが、たくさんの国旗がある場所だ。

多くの観光客の方々が自国の旗と記念撮影を楽しんでいた。

私も日本の国旗と一緒に記念撮影をした。

国旗にはたくさんのメッセージが書かれていた。

近くにはモニュメントもある。

ここではBOLIVIAの‶I”になりきって記念撮影をすることがお約束のようだ。

皆んなで代わる代わるたくさんの写真を撮影した。

この辺りは水の量が少ないので塩の上を歩く感覚が味わえる。

まるで雪の上を歩いているかのようだった。

塩のホテル、プラヤ・ブランカ

そして、有名な塩でできたホテル、プラヤ・ブランカ

現在は博物館として利用されているらしい。

博物館というだけありたくさんのオブジェが展示されていた。

有料ではあるが、トイレを利用することもできる。

1日ツアーに参加された人たちが食事をとる場所でもあるためたくさんの人達で賑わっていた。

 

ウユニ塩湖の絶景

美しい青空

一通り撮影を楽しんでトイレ休憩をした後は、綺麗な鏡張りが見える場所を探しに出発した。

途中、地面にたくさんの穴が空いている場所を見つた。

一体なんなのだろう?

勇気あるまささんが穴にはまってみたところ、かなりの深さがあるということだった。

そして、底に近づくほど水温は低くなっているそうだ。

再び車を走らせる。

薄っすらとしか出ていなかった雲が、時間の経過とともにはっきりとした姿を現し始めた。

美しい鏡張りの写真を撮るために、雲の存在は必要不可欠となる。

ここで撮影開始。

お決まりの四駆の上での撮影や…。

トリック写真もたくさん撮影してもらった。

こちらのドライバーさん、本当に本当に素敵な方でたくさんのトリック写真やタイムラプスで素敵な作品を撮影してくれた。

色々なポーズやアイディアを提案してくださったり、私たちの細かい注文にも嫌な顔を見せずに一生懸命応じてくれた。

本当に感謝したい。

大きな雲によって作られた見事な鏡張り。

‶空だけ”というシンプルな景色は最高に美しい。

空と雲は自然が創り出した究極の芸術作品。

そして、だんだんと太陽が沈み始める。

夕暮れのウユニ塩湖

あまりの美しさに、言葉を失って見とれていた。

日本に居たとき、こんなにも集中して空を美しいなと眺めたのはいつのことだったか…。

忙しかった私は、五感でこの世界を楽しむことをすっかり忘れて思考と感情に支配されて生きていたように思う。

太陽が沈み、次第にその姿を変えていくウユニ塩湖の景色はずっと眺めていても飽きない。

ここでは毎日違った景色しか見ることができないのだ。

金色に輝く光の中で。

夕陽を背に、ウユニ塩湖で全力疾走。標高が高いので息切れがすごい。

私のお気に入りの一枚。

心に残る、とても幻想的な景色だった。

ウユニ塩湖で素晴らしい景色を見るには、何度もツアーに参加することをお勧めする。

そして、日が沈むと気温がグッと下がるので防寒対策もお忘れなく。

 

こうして、今回のツアーでは最高の景色に出会うことができた。

お声がけしてくださったなつきさん、ツアーを催行して素敵な写真をたくさん撮ってくださったミックス、ツアーをより素敵なものにしてくださったドライバーさんや楽しい時間を作ってくださったまささん、よしさん、りなさんには本当に感謝だ。

ツアーの後はみんなでBBQレストランへ行きお肉を食べて解散した。

本当にたくさんの素敵な思い出がつまったウユニ塩湖ツアーだった。

 

アクセス

Brisa tours

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Noriko Sumiya

約2年間の世界ひとり旅を経験。通算80カ国+未承認国家を訪問。 2020年3月に新型コロナウイルスの影響で帰国した後は『心の声に従い、自分らしく生きる』というテーマに焦点を当て、世界中どこでもパソコン1台で収入を得られる自由な旅人に転身。同じ夢を持つ方たちを応援したいと思い情報発信をしています。ビジネスブログも書いていますのでよろしければご覧ください!

-ボリビア
-,

© 2020 Noriko Sumiya