メキシコ

リゾート地の最高峰!!メキシコのカンクン観光情報

2018-01-26

キューバの旅を終え、向かった先は世界屈指のリゾート地であるメキシコのカンクンです。

1人でリゾート地へ行って楽しいのだろうかと疑問に思いましたが、一目でよいのでカンクンの美しい海を見たくて旅をしてきました!

 

Noriko
カンクンのビーチは最高に美しかったです!

 

カンクン観光ポイント

  • 空港から市街への移動にADOバスを利用する場合は混雑する可能性があるので早めにチケットを購入して早めに列に並ぶこと
  • ドルフィンビーチのCANCUNのモニュメントの写真がキレイに撮れる時間帯は11:00~14:00頃
  • CANCUNのモニュメントの写真撮影は30分以上並ぶ可能性があるので暑さ対策は万全に
  • ドルフィンビーチにはロッカーがないので海で泳ぐ方は持ち物に注意

カンクンの街

空港からカンクン市街へ

飛行機はキューバを飛び立ち、1時間半ほどでカンクンの空港に到着しました。

気候はキューバより暖かく、乾燥しているものの心地よい風が吹き快適です。

さすが世界屈指のリゾート地。

 

すぐにでも市街へ行きたいと思う気持ちとは裏腹に、なかなか荷物のターンテーブルは動きません。

1時間ほど経過してようやく荷物がターンテーブルの上を流れ出すと口笛や拍手、歓声が構内に響いた程です。

 

荷物を受取り、早速ADOバスのカウンターでカンクン市街行きのバスチケットを購入しました。

 

バスは大変混んでいるようで、1時間後に出発するバスしか空いていないとのことでした。

 

この日はたまたまそうだったのかもしれませんが、空港からカンクン市街へのバスは非常に混み合っており購入したチケットには出発時間が記載されているものの定刻通りに運営されていませんでした。

バス乗り場に早く並んで乗り込んだ者勝ちのような感じだったので、利用される方は早めに列に並んでおいた方がよいかもしれません。

 

11時半にカンクンの空港に到着した私ですが、結局カンクン市街に到着したのは15時過ぎになってしまいました。

カンクンの街で驚いたこと

カンクン市街に到着して驚いたのは、マクドナルド、ピザハットなどのファーストフード店やセブンイレブン、サークルKなどのコンビニエンスストアが存在していたことでした。

さらに宿にチェックインすると無料で通信速度の速いWi-Fiも利用可能とのこと。

すっかり"キューバ基準"になっていた私にとっては時代が一気に50年くらい進んだ気分でした。

メキシコ料理に感動

その日は朝からまともな食事を取っていなかったため空腹に耐えられず、銀行のATMでお金を下ろすとそのすぐ隣にあったレストランへ駆け込みました。

注文したのはタコスです。

背丈が低く丸顔で目力の強い、いかにもという風貌のメキシコ人(マヤ人?)の男性がタコスを運んできます。

そこには私が想像していたのと1mmも違わない"メキシコ"があり、メキシコに来たのだということを改めて実感させられました。

メキシコは料理が美味しいという話を聞いていましたが、本当に美味しい!

やはり美味しいものを食べていると幸せな気持ちになります。

ドルフィンビーチへ

最高に美しい海

翌朝、まず私が向かった先はドルフィンビーチというビーチでした。

ドルフィンビーチへ行けばとても美しい海を見ることができるのだとか。

R1のバスに乗車します。

 

市街地からバスに揺られること約30分。

左手にCANCUNのモニュメントが見えたらそこがドルフィンビーチです。

たくさんの乗客がここで降車するので一緒に降車しましょう。

 

ビーチへ向かうとそこには思い描いていた通りの美しい海がありました。

まるで楽園です。

こちらのヤシ葺きのパラソルやシャワーは無料で利用することが可能です。

しばし海の美しさに見とれていました。

白い砂浜に、水色に光る海。

なぜ、海を見ているとこんなにも癒されるのでしょうか。

CANCUNのモニュメントは超人気撮影スポットです。

青い空と青い海を背景に、『私はカンクンに来ました!』と主張している写真が撮影できること間違いなし。

11時~14時くらいの時間帯が日の光の関係で綺麗に写真が撮れるようです。

刺すような暑い日差しの中、写真撮影のために長蛇の列ができていました。

写真を撮りたい方は列に並ぶ覚悟が必要かもしれません。

 

念のために水着は持ってきたものの、海やプールにあまり入らない私はやはり海を眺めただけで満足しました。

リゾートエリア

その後はリゾートエリアを散策しました。

リゾートエリアには高級ホテルやレストラン、ショッピングモールなどがありお買い物を楽しむこともできます。

Bubba Gump Shrimp Co.

そして、見つけたのがこのレストラン。

私が1番大好きな映画である‶Forrest Gump”をテーマにしたアメリカン・シーフード・レストランです。

 

映画の中ではガンプが戦死した友人であるババの遺志を継ぎエビ漁で大成功を収めますが、もしもその後にレストランをオープンすればこうなったであろうという想定がコンセプトとなっているそうです。

 

フォレストが座っていたベンチだ!!と1人興奮してしまいました。

このレストランは日本にもあるようですが、カンクンにもあったとは知りませんでした。

もちろん店内もForrest Gump仕様。おしゃれで可愛いです。

モニターには私が幼い頃から何十回も観たForrest Gumpの映画が流れていました。

お食事はメキシコらしく、シュリンプ・タコスを注文。

プリプリの海老の唐揚げがのっており、とても美味しかったです!

外の風景を眺めながらしばらくボーっとして過ごしました。

 

Life is like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.
-人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで中身は分からない-

 

映画の中で、フォレストのママがフォレストに向かって言うセリフです。

幼い頃、映画を観たとき最も印象に残り最も好きになったセリフでもあります。

 

人生は何が起こるのか、やってみるまでわからない。

‶カンクンで美しい海を眺めながらゆっくりとした時間を過ごす”

約7ヵ月前。旅立ちを決意する前の自分からは想像もできなかった状況だと思います。

 

イギリスでは美しいものの例えとして‶チョコレート箱”をしばしば用いるというお話を聞いたことがあります。

何が入っているのか箱を開けてみるまでわからない。

そして何を選ぶかも自分次第。

 

Noriko
人生は、美しいチョコレート箱のような贈り物なのかもしれませんね!

 

行き方・料金

空港からカンクン市街へ

ADO社バス

所要時間:約30分~

料金:片道78MXN(約468円)

※クレジットカード払い可能です。

【降車場所】カンクン市街ADOバスステーション

カンクン市街からドルフィンビーチへ

R1、R2バス

所要時間:約30分~

料金:一律12MXN(約72円)

※乗車時に支払います。どの場所で乗車・下車しても料金は一律です。

【乗車場所】

【降車場所】Playa Delfines

Bubba Gump Shrimp Co.

【アクセス】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Noriko Sumiya

約2年間の世界ひとり旅を経験。通算80カ国+未承認国家を訪問。 2020年3月に新型コロナウイルスの影響で帰国した後は『心の声に従い、自分らしく生きる』というテーマに焦点を当て、世界中どこでもパソコン1台で収入を得られる自由な旅人に転身。同じ夢を持つ方たちを応援したいと思い情報発信をしています。ビジネスブログも書いていますのでよろしければご覧ください!

-メキシコ
-,

© 2021 Noriko Sumiya