ペルー

イキトス観光情報!!ベレン地区の水上集落と市場を探索!!

今回は水上集落と市場が見どころのベレン地区についてご紹介させていただきます!

 

Noriko
ここでは現地の方々のリアルな生活を垣間見ることができます!

 

ベレン地区観光

トゥクトゥクでベレン地区へ

宿で朝食を済ませ、今日はベレン地区の観光です。

ベレン地区には面白い市場があるとのこと。

道路で捕まえたトゥクトゥクと値段交渉をし、ベレン地区を目指します。

 

ベレン地区観光ポイント

  • 水上集落をボートで巡る
  • 水上集落周辺は治安があまりよくないので注意が必要
  • 活気のある市場を探索

ベレン地区散策

トゥクトゥクに乗ること10分弱、ベレン地区らしき場所に到着しました。

お目当ての市場を探しながらこの坂を下りていこうとした時、2人の警察官に呼び止められました。

一体なにが起こったのだろうと私たちは軽く混乱しました。

ここから先は立ち入り禁止なのでしょうか?

スペイン語しか話せない彼らとしのぶさんがコミュニケーションをとってくれました。

ただ観光がしたいだけだということを伝えると、なんと彼らは私たちに付き添って一緒に観光をしてくれるというのです。

これには私たちも驚きました。

腰にピストルを携えている彼らを見ると、もしかしてこの辺はあまり治安がよくないのかもしれません。

確かに決して裕福な人たちが住んでいるという雰囲気ではないです。

…こうして、警察官2人とダブルデートのような謎の観光時間が始まりました!

 

Noriko
なんと、22歳と23歳のとっても若い警察官!

 

警察官2人から護られ、まるでVIPのようなしのぶさん。

家が高床式のようになっているので、雨季になるとこのあたりは浸水するのでしょうか。

水上集落ボートツアー

しばらく進むと川があり、ボートに乗って水上集落を見学することになりました。

ボートに乗り込み、出発です。警察官の2人もついてきてくれました。

まあまあ規模のある水上集落です。

今にも崩れ落ちてしまいそうな家もあります。

住人たちは一体どんな生活をしているのでしょうか。

嵐が来たらどうするんだろう…。

洗濯物が干してあったり人々の生活を感じることができます。

可愛らしいペイントがしてある家もありますが何かのお店かもしれません。

ボートの運転手さんが謎の植物に近づき、植物の実をとってくれました。

丸くて可愛らしい謎の実です。

食べられるのかは謎です。

時折、ボートに乗っている住民の方たちとすれ違います。

鍋のようなものを運ぶボート。

中の様子が外からわかる家もあります。

家というよりお店屋さんかもしれません。

川に入り、何かをしている人を発見しました。

子供がその様子を眺めています。

とても深さのある川なんでしょうね。

こちらは何かの施設でしょうか。

こちらはボートのガソリンスタンドのようにも見えます。

教会もありました!

こちらは病院のようです。

小さな子どもからご年配の方までボートに乗りオールを漕ぎます。

ここでの生活はボートがないと成り立ちませんね。

子どもたちが魚釣りをしているようです。

現地の方々の生活を垣間見ることができてとても興味深かったです。

ベレン市場探索

ボートから降り、次は市場へ向かいます。

途中、謎の植物が売られているのを発見しました。

とても可愛い女の子。

警察官が購入してくれ、食べてみることに…!

中から実を取り出し食べてみると、ほのかに甘いフルーツのようでした。

全然美味しそうじゃないのに意外と美味しいです。

そして、いよいよ市場に潜入です!

目に飛び込んできたのはワニ?それともアマゾンの巨大魚?

こちらはなんと解体されたカメ!

卵もあります。

普通の魚も売っていますが、日本では見ることのない斬新な食材がいっぱいです!

魚たちはやはりアマゾン川で採れた魚なんでしょうね。

警察官に案内され人々で賑わう市場を進みます。

薬屋さんもありました。

怪しい薬が売られているのでは…とついつい考えてしまいます。

野菜や果物、お肉も売られています。

ナマズのようなお魚発見。

売りものなのかペットなのかインコちゃんもいました!

手に乗ってくれてめちゃくちゃ可愛かったです。

葉っぱも売られていました。

何に使うのか検討もつきません。

こちらは謎の野菜(?)です。

それにしてもゴミがたくさん落ちていて汚い…。

ビニールに入った色とりどりの液体。

ジュースでしょうか。

飲む勇気はありませんでした。

葉っぱの上で焼かれた魚たち。

さっき売られていた葉っぱはこうして利用されるのかな。

スウィーツも売られています。

写真の左に写っているのはアロエ?

市場で売られているものはなかなか食べる勇気はでませんでしたが、見ているだけでも楽しい!

 

活気があって見たこともないようなものがたくさん売られていて、市場見学は最高に楽しかったです。

優しい警察官2人も最初から最後までボディーガードとガイドを務めてくれ、楽しい時間を過ごすことができました。

そして、警察官が捕まえてくれたトゥクトゥクで私たちは無事街に戻ってきました。

ベレン地区は刺激で溢れていました。

遊びに行くととても面白いと思います。

ただ、治安の面にくれぐれも注意してください!

アクセス

ベレン市場

注意ポイント

水上集落付近はスラム街で治安がよくないとも言われています。

観光の際は注意が必要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Noriko Sumiya

約2年間の世界ひとり旅を経験。通算80カ国+未承認国家を訪問。 2020年3月に新型コロナウイルスの影響で帰国した後は『心の声に従い、自分らしく生きる』というテーマに焦点を当て、世界中どこでもパソコン1台で収入を得られる自由な旅人に転身。同じ夢を持つ方たちを応援したいと思い情報発信をしています。ビジネスブログも書いていますのでよろしければご覧ください!

-ペルー
-,

© 2020 Noriko Sumiya