ボリビア

ストライキで大ピンチ!?地獄の夜明けとその果てに見た絶景!!

憧れの地ウユニへの出発の日、我々は思わぬトラブルに巻き込まれた。

ラパスのバスオフィス

夕方、利用予定のバス会社であるTodo Turismoのオフィスへ向う。

ラパスからウユニへ移動する際、旅行者に人気があるバス会社がこのTodo Turismoだ。

値段は高めだが乗客のほとんどが旅行者のため治安の面で安心だ。

TRANS TURISTICO OMARという会社も人気があるようだが、私の友人の1人がこのバスを利用した際に、4桁のダイアル錠をかけておいた預け荷物から物が盗まれたという事案が発生したので利用を控えた。

 

オフィスに到着するとスタッフの方に声をかけられた。

彼はこう言った。

『ストライキでウユニ村の手前にバリケードがはられているため、バスがコルチャニ村までしか行くことができない。』

と。

問題解決の方法の1つとして、

『ウユニで予約しているツアー会社に連絡をしてコルチャニ村まで迎えに来てもらってください。』

と提案された。

が、ツアーは現地で申し込む予定なので現時点であてがない。

コルチャニ村からタクシーを利用して向かうとして、バス代をディスカウントしてもらうことは可能か交渉したがストライキはバス会社の責任ではないとのことで交渉には応じてもらえなかった。

ふとテレビに目をやると、ラパスで起きているデモの様子が映し出されていた。

私はため息をついた。パレードでお祭り騒ぎの次はデモをしてストライキだ。

「仕事しようよ。」そう思った。

 

私は大きな不安を抱えていたが、その不安を和らげてくれたのが他の日本人旅行者の方々の存在だった。

この季節、ウユニには日本人旅行者が溢れているようだ。

オフィスでたくさんの日本人旅行者の方々に出会った。

 

ラパスからウユニへ移動

夜行バスでラパスを出発

バスの出発時間まではTodo Turismoのオフィスで他の旅人の方々とおしゃべりを楽しんだり、移動に備えて準備をして過ごした。

有難いことに、ここではフリーWi-Fiも利用可能だ。

出発時間が近づく頃、みんなでバスに移動した。

そして、21:20にバスはラパスを無事出発する。

短い間だったけどこの街ともお別れだ。

そんな風に思いながら窓の外に目をやるとそこには素晴らしい夜景が広がっていた。

綺麗な写真を撮ることができなかったのが非常に残念だ。

もう少し時間があれば…、そして治安がよければ、ロープーウェイから眺めたいと思う景色だった。

バスが走り出してしばらくすると夕食が配られる。

私はボリ飯に対して一切期待はしていなかったが、なかなか美味しい。

お腹が空いていたのも手伝ってかペロリとたいらげた。

 

さて、夜も更けてきたのでそろそろ眠りにつく時間だ。

しかし、走行中は“盗難されるのではないか”と荷物が気になって熟睡することができなかった。

申し訳ないが、私の中ではバスの乗務員すらも信用できない存在となっていた。

 

ウユニ村に到着したのはいいが…

そして、夜が明けた早朝6:10。

朝食を手渡され、私たちは幹線道路でバスを降ろされた。

 

えっ?ここで降ろしちゃう??というような場所だ。

あたりには休憩できるような建物は何もない。

頭の中に“絶望”という文字がよぎった。

睡眠不足で疲れ切った身体で大きな荷物を持ち、標高4000m近い高所を早朝に歩く。

まるで何かの修行のようだ。そして、ゴールはなかなか見えない。

地獄のように辛かった。

 

約1時間ほど歩いたところでやっとウユニ村に到着した。

目当てのホテル、Avenidaへ入り空室確認をする。

ここは日本人旅行者に人気のいわゆる日本人宿だ。

しかし、残念ながら既に満室。

第二候補であるWara del salarへ行きようやく部屋を確保することができた。

Wara del salarも宿泊客がほとんど日本人という日本人宿でなかなか快適だった。

部屋はTodo Turismoのオフィスで出会ったみさとん、みさとさん、なつきさんと4人部屋だ。

私の楽しいウユニ生活が幕を開けた。

 

そんな楽しい時間をともに過ごしてくれた、みさとんのブログをこの場をかりて紹介させていただこうと思う。

ココロをハダシに。

写真はもちろん文章も本当に綺麗。真っすぐな想いが感じられる素敵なブログだ。

ぜひぜひ読んでください。

 

ウユニ塩湖初ツアー

ツアー申込み

過酷な道程を経てウユニ村に到着した私たちは既にへとへとに疲れ切っていた。

しかし、“どうしても早くあの絶景を見たい!!”という強い思いからさっそくツアー会社に向かった。

私たちが選んだのは日本人に人気のツアー会社、穂高だ。

写真の通り、いくつかのツアーが存在した。

そして、みさとん、みさとさんと一緒にSUNSET+Starlightツアー(16:00~22:00)に申込みをした。

定員は7名。メンバー募集の紙を作成して貼りだし、一度宿に帰る。

初めてのウユニ塩湖

ツアー出発の時間が近づいてきたので私たちは再び穂高へと向かった。

嬉しいことにツアーメンバーはちゃんと揃っていた。

メンバーは私たち3人の他にバスが一緒だった日本人のともみさんと、台湾人のカップルだ。

車に乗り、途中で倉庫のような場所に立ち寄って長靴をレンタルしてウユニ塩湖へと向かった。

 

綺麗な鏡張りの景色を見るには天気が良くて雲が出ていること、風がないことなどいくつかの条件が必要となる。

果たしてどんな景色に出会えるのか…。

 

しばらく車を走らせ、約1時間でウユニ塩湖に到着した。

到着した時点ではただの大きな水たまりに見えた。そこを車でどんどん進んでいく。

綺麗な鏡張りの景色を見る条件の1つに“ドライバーの腕”という項目が存在する。

要するにドライバーがどれだけウユニ塩湖に対しての知識を持ち、その日のコンディションを考慮したうえでどこへ行けば綺麗な鏡張りの景色に出会えるのか判断する力も重要な条件の1つとなっているのだ。

車を走らせるにつれ、現れる美しい景色。

ずっとずっとこの目で見たかった景色。

私がウユニ塩湖の存在を知ったのは、2001年に放送された‶あいのり”という番組がきっかけだったと思う。

あいのりという番組を観ていたわけではない。

たまたまついていたテレビに目をやった瞬間にウユニ塩湖の映像が流れていたのだ。

そして、『私、いつかこの場所に行きたい…。』と行くことを決めた。

 

車を止めて車外に出る。

まるで天国に来たみたいだ。

沈んでいく夕陽の光が水面に反射してキラキラと光り、幻想的な空間を創り出している。

ずっと憧れて止まなかった景色にやっと出会うことができて、言い表しようのない気持ちが湧いてくる。

こんな時いつも思い出すのは夢を叶えるために辛い思いをして頑張っていた頃の自分や、夢のために手放さざるを得なかったものたち。

でも、そんな辛い経験を経たからこそ、手に入れたものはより一層尊く輝いて見えるのかもしれない。

ドライバーが素敵な写真をたくさん撮ってくれた。

みんなでジャンプしている写真を撮りたいのに、タイミングが合わなくて服を濡らしながら何度も挑戦したり…。

過酷な環境の中、良い写真を撮るためにみんなで心を一つにして頑張ったと思う。

 

陽が沈んだ後、星空を見る予定だったのだがあいにく空は曇ってしまった。

それでも帰り道に雲の隙間から少しだけ見えた星空はとても美しかった。

こうして、感動の初ウユニ塩湖ツアーは幕を閉じた。

 

行き方・料金

ラパスからウユニへ

Todo Turismo社バス
時刻表:出発21:20-到着翌朝6:30
所要時間:約9時間~
料金:250BOB~(約4,250円)

【乗車場所】Todo Turismo社オフィス

Wara del salar

料金:ドミトリー1泊/50BOB~(約850円)
洗濯:手洗い可能6:00~8:00
ガスシャワー:7:00~11:00
電気ホットシャワー:24時間利用可
キッチン:あり

【アクセス】

世界一標高の高い首都!?私を憂鬱にさせたラパスの絶景!!前のページ

最高に美味しいボリ飯!?ウユニ村でのグルメ生活!!次のページ

関連記事

  1. ボリビア

    最高に美味しいボリ飯!?ウユニ村でのグルメ生活!!

    ボリビアを旅するにあたって私が気がかりなことと言えば大きく分けて2つあ…

  2. ボリビア

    【1日目】ウユニ塩湖に列車の墓場!?ウユニ・アタカマ抜けツアーに参加!!

    いよいよボリビアを出国するときがやってきた。次に目指す街はチリのサ…

  3. ボリビア

    ここは天国!?最高に美しいウユニ塩湖の絶景とトリック写真!!

    ウユニ塩湖の美しい鏡張りの景色を見るには様々な条件が必要となる。た…

  4. ボリビア

    まるで合宿生活!?ウユニで過ごした楽しく過酷な日々!!

    ウユニに訪れる旅人の目的の多くは、ウユニ塩湖ツアーに参加することだと思…

  5. ボリビア

    盗難対策は完璧!?コパカバーナからラパスへバス移動!!

    一刻も早く濃度の高い酸素を吸いたいという想いから旅のルートを変更し、私…

  6. ボリビア

    インカ帝国の発祥の地!?太陽の島と月の島ツアー!!

    コパカバーナに滞在中の私はチチカカ湖に浮かぶ太陽の島と月の島へのツアー…

PAGE TOP