メキシコ

メキシコシティは本当に危険な都市!?私が体験したメキシコシティ!!

グアナファトを出発し、次に向かった先はメキシコの首都メキシコシティだ。

治安が良くないと言う話をよく聞くメキシコシティだが、果たしてどうなのだろうか。

‶事件に巻き込まれませんように!!”とドキドキしながら移動をした。

グアナファトからメキシコシティへ移動

グアナファトバスターミナルからバスでメキシコシティへ

朝9:30、乗車したバスはグアナファトのバスターミナルを出発した。

そして5時間半後の15:00にメキシコシティ北バスターミナルに無事到着した。

※ちなみにカメラや携帯電話を取り出すのが怖くてほとんど写真を撮っていないので今回のブログは写真が少ないです。

メキシコシティにはいくつかの大きなバスターミナルが存在し、行き先によって使い分けをする必要がある。

ちなみにグアナファトからのバスは北バスターミナルに到着する。

バスターミナルからタクシーでホテルへ

バスターミナルからオフィシャルタクシーに乗車し、ホテルを目指したが運転手がとてもご年配の方でどうやらホテルの場所がわからないようだった。

『わからないからここで降りろ。』

というようなことを言われた。

それは困る!と、maps.meで私がナビゲーションをしてなんとかホテルに到着した。

治安の悪い場所で下ろされて迷子にでもなったら最悪だった。

メキシコシティ、この先大丈夫だろうか?となんだか不安な気持ちになってしまった。

 

私が体験したメキシコシティ

バスチケットを買いに南バスターミナルへ

どうしても‶危険”というイメージが付きまとい、そのままホテルで休みたい気分だった。

しかし、残念ながらそういうわけにもいかない。

私には南バスターミナルへ行き、翌朝出発のタスコ行きのバスチケットを購入するというミッションがあったのだ。

タスコ行きのバスは週末はすぐに席が埋まってしまうと聞いていたので、どうしても手配しておきたかった。

 

南バスターミナルはホテルから離れているため、行くのに地下鉄を利用する必要がある。

最寄りの地下鉄駅まで歩き、窓口で切符を購入して構内へと進んだ。

しかし、どの列車に乗車すれば良いのかいまいちわからない。

知らない女性に助けられた

近くに居た女性に「Tasquena駅へ行くにはこの列車に乗車すれば大丈夫ですか?」と訊ねると、彼女は『同じ方向へ行くから着いてきて。』と私を案内してくれた。

途中で1度下車し、列車の乗り換えをする。

彼女はセリアという名前で、一生懸命英語で会話をしてくれた。

『英語が下手でごめんなさいね。』

と言っていたが、こちらこそスペイン語ができなくて申し訳ないという気持ちになる。

 

そして、

『これはメキシコの伝統的な食べ物なの。あなたにあげる。』

彼女はそう言って、不思議な食べ物を私にくれた。

どうやらこれは‶タマレス”という料理のようだ。

トウモロコシの粉をラードで丸め、味付けしたチキンやチーズを中に入れてトウモロコシの葉で包み、蒸した料理になる。

今まで食べたことがないような不思議な味がした。

 

列車が私の目的地であるTasquena駅に到着する前に彼女は下車しないといけないとのことだった。

彼女は近くにいた若者に、

『英語は話せますか?Tasquena駅に到着したら彼女に教えてあげてくれませんか?』

と声をかけてアフターフォローまでしてくれた。

 

『I like you.』

と微笑んで去って行った彼女。

 

他の街で出会ったメキシコ人も優しかったが、その優しさはメキシコシティでも健在だった。

とても温かい気持ちになった。

ローカル食堂で一緒に夕食を食べた男性

Tasquena駅に到着し、ほとんど隣接している南バスターミナルでタスコ行きのチケットを無事購入した。

Tasquena駅の周りにはメルカドがあり、地元客の集まるローカル食堂がいくつかある。

お腹が空いたので私も地元客に混ざり、夕食をとることにした。

 

しかし、店員がスペイン語しか話すことができず、スペイン語のメニューしかないので何を注文すればいいのかわからない。

隣の席に座っている男性が美味しそうなスープを飲んでいたので、同じ料理をくださいと注文した。

 

その40代後半くらいの男性は私がスペイン語ができないことを察してくれ、私の代わりに店員に色々と注文をしてくれた。

スープの次は大きなグラスにフルーツジュースが入って出てくる。

どうやらスープとメインとドリンクで50ペソ(約300円)のセットメニューのようだ。

『トルティージャも食べますか?』

と男性に聞かれたが、金額がわからなかったので首を横に振ると彼はトルティージャを注文し、

私に2枚分け与えてくれた。

そしてメインは目玉焼きが乗ったピラフのようなご飯もの。

美味しくてすぐに完食してしまった。

『チキンも食べたいですか?』

と男性に聞かれたので、「食べたいです」と答える。

すると次は煮込んだチキンがお皿に乗って出てきた。

『ポテトも食べたいですか?』

と聞かれたので「食べたいです」と答えると、彼はフライドポテトを注文し私に分け与えてくれた。

『他に食べたいものはありますか?』

と聞かれたが、さすがの私もこの時点でお腹がいっぱいだった。

しかも、これはきっとコースメニュー以外のものも注文している。

 

彼がお会計をしていたので、私も店員にいくら支払えばよいのかたずねた。

しかし店員は、

『彼があなたの分も支払ってくれたから、あなたは支払う必要はないわ。』

と言う。

驚いて男性に「私はいくら支払えばよいですか?」ときいたが、彼は『支払う必要はない』の一点張りだ。

 

彼に何度もお礼を言いながら、地下鉄の改札口に向かって一緒に歩いた。

『あなたはこれからどこへ行くのですか?』

と聞かれた。

「ホテルに帰るのです。」

と答えるが彼は何度も同じ質問をしてくる。

 

どういうことだろう?と少し怖い気持ちになった。

夜、知らない土地で知らない男性と2人で歩くのは正直本能的に恐怖を感じる。

 

でも、どうやら彼は私が降車する駅の名前を知りたかっただけのようだった。

駅名を告げるとプラットホームまで連れて行ってくれ、乗り換えの駅も教えてくれた。

夜の地下鉄は日本の通勤ラッシュ時のように混雑している。

人が少なくなるのを待ってから『君はこの車両に乗った方がいい。』と言って、女性専用の車両乗り場まで連れて行ってくれた。

 

そして、別れのハグをした。

この時、なんだか心がジーンと温かくなり涙が出てしまいそうになった。

 

旅をしていると無償の優しさをくれる人達にたくさん出会う。

私はこの日のことを一生忘れたくないし、忘れないと思う。

 

‶危険な都市”だと思っていたメキシコシティ。

しかし、初日に私がそこで感じたのは人の優しさだった。

 

行き方・料金

グアナファトからメキシコシティへ

Primera Plus社バス
所要時間:約5時間半~
料金:片道602MXN~(約3,010円)

【乗車場所】グアナファトバスターミナル

 

【降車場所】メキシコシティ北バスターミナル

アーティストが集まる世界遺産の街!?サンミゲル・デ・アジェンデへの旅!!前のページ

世界で8番目に美しい!?白く輝く銀のアクセサリーの街タスコ!!次のページ

関連記事

  1. メキシコ

    サボテンで溢れたメキシコの街!?オアハカへの旅!!

    夜行バスに乗り、向かった先はオアハカという街。オアハカはメキシコの…

  2. メキシコ

    出発時間15分前に搭乗拒否された!?メキシコシティ国際空港で私が犯した1つの過ち!!

    中米の旅もいよいよ終わりを迎え、ついに憧れの地である南米へと旅立つ時が…

  3. メキシコ

    ジャングルの中の遺跡とポジョの街パレンケ!?

    トゥルムから18:30出発の夜行バスに乗り、世界遺産の遺跡が有名なパレ…

  4. メキシコ

    カラフルな街グアナファト到着と私の理想の旅人像Ⅱ!!

    今回の人生で、死ぬまでに行ってみたいと思っていた場所の中にメキシコのグ…

  5. メキシコ

    新・世界七不思議チェチェン・イッツァーと聖なる泉グラン・セノーテ観光!!

    世界遺産にも登録され、マヤ遺跡の中でも有名なチェチェン・イッツァー。…

  6. メキシコ

    メキシコからグアテマラへ移動!?ボートでの国境越え!!

    メキシコのパレンケからグアテマラのフローレスへ国境越えをした。ボー…

PAGE TOP