アルゼンチン

飛行機に乗り遅れた!?世界最南端の街ウシュアイアへの険しい道のり!!

2019-12-30

一週間滞在したブエノス・アイレスを旅立つ日がやってきた。

次に向かうのは世界最南端の街と言われるウシュアイアだ。

“地の果て”とも言われるその場所では一体どんな景色に出会うことができるのだろうか。

 

しかし、この街へ向かう途中私は大きな失敗をしてしまう。

飛行機に乗り遅れるという最悪の失敗を───────。

私が飛行機に乗り遅れるまでの間抜けな流れ

ジェラートのことで頭がいっぱいだった

宿をチェックアウトした後、搭乗便の時間までかなりの余裕があった。

搭乗便の出発時刻は15時だ。国内線なので13時頃に空港に到着すれば充分間に合うだろうと考えていた。

私は無性にジェラートが食べたくなり、宿から1番近いお気に入りのジェラート屋であるFreddoへと向かった。

 

Freddoについての紹介記事はこちらから。

[clink url="https://norikosumiya.com/buenosairesgourmet/"]

 

しかし、残念ながら私が訪問したFreddoは13時からの開店となっており店は閉まっていた。

諦めきれなかった私は他のジェラート屋を回ってみた。どうしてもジェラートが食べたい。その一心だった。

ジェラート屋は開店時間が遅いらしい。それともこの日は何かの祝日で開店時間が遅れていたのだろうか?

諦めて空港へ

いくつかのジェラート屋を回ってはみたものの、ついに開店しているジェラート屋を見つけることはできなかった。

搭乗便の出発時刻が近づいていることから私は諦めて空港へ向かうことにした。

ブエノス・アイレスには2つの空港が存在する。

主に国際線が発着しているミニストロ・ピスタリーニ国際空港、通称エセイサ国際空港と、

国内線や短距離国際線が発着しているホルヘ・ニューベリー空港、通称アエロパルケ空港だ。

私の搭乗予定のウシュアイア行きの便はアエロパルケ空港から出発する。

ブエノス・アイレスの空港を利用する際はどちらの空港から搭乗便が出発するのかしっかり確認しておこう。

間違えたら大変なことになってしまう。

私はバスに乗車し、空港へ向かった。市内から33番/45番のバスに乗車すれば空港へ行くことができる。

搭乗便の出発時刻が変更されていた

空港に到着し、電光掲示板を見た私は驚いた。

15時出発の私の搭乗便の情報が見当たらない。

どういうことだろう?と疑問に思いながらも電光掲示板の情報に目を通す。

そして、やっと見つけた私の搭乗予定の便の出発時刻は13:45と記されていた。

時計を見ると時刻は13:05だ。これはどういうことなのだろう。ちょっと意味がわからない。

混乱しながらもチェックインカウンターへ到着すると、そこにはもはや列を作って並んでいる人達の姿はなかった。

そして、チェックインカウンターのグランドスタッフは私に対してこう言った。

『遅すぎます。もう、ゲートは閉まってしまいました。』

と。

そこで私はやっと思い出したのだ。

数週間前に、チケットを手配した会社から出発時刻変更のメールが来ていたことを…。

 

飛行機に乗り遅れた後に私がとった行動

ウシュアイアに行くか、止めるか?

私は「飛行機の出発時刻を遅らせてくれ」だとか「もう一度ゲートを開けてくれ」だとか、ありとあらゆる無茶苦茶な要求をグランドスタッフに突きつけてた。

彼らは内線電話でどこかに電話したり最善を尽くしてくれたようだが、やはり私が搭乗することは難しいとの回答だった。

こうして私は飛行機に乗り遅れた。

飛行機に乗り遅れる人って本当にいるんだなぁというのが私の第一の感想だった。

 

今回、私が航空券手配に利用した会社は出発時刻変更のメールを数週間前に私に送ってくれていた。

つまり、100%落ち度は私側にあり一切の補償は期待できない。

急いでスカイスキャナーで代替えの航空券を検索してみたが、最安値の航空券は軽く7万円を超えている。いくら何でも高すぎる。

そのうえ乗継ぎが必要な便のため到着は明日になってしまうようだ。

バスでの移動も検討し、調べてみたが移動時間は最短でも48時間で今後のスケジュールに響いてしまう。

どうしようかと考えているうちに考えるのすらも面倒くさくなり、もう行くのを止めてしまおうかとすら思った。

“そもそも私は本当にウシュアイアに行きたいのか?”

自問自答した。

 

その結果、たどり着いた答えは“Yes”だった。

私はウシュアイアに行きたい。今行かなければ一生行かないことになるかもしれない。

なんせ、私は軽い最端の地マニアだった。

要するに隅っこが好きなのだ。

世界最北端のマクドナルドだとかユーラシア大陸最西端のロカ岬へ訪問した経験もある。

世界最南端の街に行かないわけにはいかない。

航空券の購入

ダメ元で今日出発の航空券を購入することはできないかと、空港の航空会社のカウンターを訪ねた。

すると、エセイサ国際空港から出発の便であれば空席があるとの回答だった。

本来アエロパルケ空港から出発の便もあったようだが、今日に限ってキャンセルになってしまったとのことだ。

価格は9,364.93ペソ(約49,634円)だった。

痛い出費だが迷っている暇はない。

私はその場でクレジットカードを使い航空券を購入した。

アエロパルケ空港からエセイサ国際空港へ

インフォメーションセンターでエセイサ国際空港への行き方を訊ねると、無料のシャトルバスを利用することができるとのことでチケットを発券してくれた。

もしかして航空券を所有している人はこのように無料のシャトルバスを利用する権利があるのかもしれない。

ブエノス・アイレス空港間の乗継移動がある方はぜひ一度インフォメーションセンターに足を運んでみるのもよいと思う。

バスは15:00にアエロパルケ空港を出発した。

そして、16:15にエセイサ国際空港に到着した。

こうして私は新しく手配したウシュアイア行きの直行便18:00発に無事搭乗することができた。

 

反省会

機内では私の1人反省会が行なわれた。

私は猛省した。

そして、会議で出た結論はこうだ。

  • 飛行機に搭乗する日は事前に空港のホームページなどでフライト情報を再確認する。
  • 時間に余裕を持って空港へ向かう。

 

こちらの記事にもあるように、実際に事前にフライト情報を確認したためにトラブルを避けられたという事例もある。

[clink url="https://norikosumiya.com/flightdelay/"]

 

旅に慣れ始めて気が緩んでいた部分もあると思う。

そして、ジェラートに気を取られすぎたとも思う。

今後、飛行機に搭乗する日は絶対に気を抜かないと誓った私であった。

 

行き方・料金

ブエノス・アイレス市内からアエロパルケ空港(ホルヘ・ニューベリー空港)へ

コレクティーボ(市内バス33番/45番など)
所要時間:約40分~1時間半(乗車場所によります)

アエロパルケ空港(ホルヘ・ニューベリー空港)からエセイサ国際空港(ミニストロ・ピスタリーニ国際空港)へ

専用シャトルバス
所要時間:約1時間~1時間半
※インフォメーションカウンターで聞いたところ、航空券所持者は無料のシャトルバスを利用できました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Noriko Sumiya

約2年間の世界ひとり旅を経験。通算80カ国+未承認国家を訪問。 2020年3月に新型コロナウイルスの影響で帰国した後は『心の声に従い、自分らしく生きる』というテーマに焦点を当て、世界中どこでもパソコン1台で収入を得られる自由な旅人に転身。同じ夢を持つ方たちを応援したいと思い情報発信をしています。ビジネスブログも書いていますのでよろしければご覧ください!

-アルゼンチン
-

© 2020 Noriko Sumiya