メキシコ

ジャングルの中の遺跡とポジョの街パレンケ!?

トゥルムから18:30出発の夜行バスに乗り、世界遺産の遺跡が有名なパレンケという街へやって来た。

古代都市パレンケに到着

パレンケのバスステーションで夜を明かす

メキシコの夜行バスは度々強盗に遭うと聞いていたので少し心配していたが、何事もなく無事バスステーションに到着した。

ひとまず安心だ。

しかし、私がバスステーションに到着したのが朝の4:30。

辺りは夜明け前で真っ暗な上に心なしか寒かったので、7:00頃までバスステーション内で時間を潰した。

こんな時、トイレも売店も無料Wi-Fiも完備しているADOバスステーションは旅人のオアシスとなる。

夜明けと共に活動開始

夜が明けてようやく私はバスステーションの外に出た。

ADOバスステーションの前にある可愛いモニュメント。

ホテルへ行き荷物を預けて隣接されたレストランで朝食を食べた。

このオムレツがチーズたっぷりでとても美味しかった。

付属の焼きバナナはさつま芋に少し酸味を加えたような不思議な味だ。

 

パレンケ遺跡観光

市街からパレンケ遺跡へ

朝食を済ませ、さっそくお目当てのパレンケ遺跡へと向かうことにした。

パレンケの街にはRuinas(遺跡)とプレートを掲げたミニバンが発着しているので乗車すれば遺跡まで行くことができる。

料金は20ペソ(約120円)だったがボラれた気もする…。

街から15分弱走ったところに料金所があり、ここで39.15ペソ(約235円)の入域料を支払うことになっている。

同乗していた地元の男性らしき方が親切にも、

「君は料金所でお金を支払う必要があるよ。」

と教えてくれた。

 

そして料金所に到着。同乗客がバンの扉をあけドライバーが料金所に向かって何か叫んでいる。

(あれ?降りて料金支払うのかな??それとも徴収に来てくれるのかな??とにかくお金を準備しておこう…。)

と鞄の中から財布を取り出していると、同乗客がバンの扉を閉め、ドライバーは車を発進させた。

要するに、料金を支払わずに出発したのだ。

その間約30秒。もう少し待てなかったのだろうか?

「ノープロブレム!!」の一言で片付けられたが、本当にノープロブレムだったのかは謎のままだ。

そしてしばらく走り、バンはパレンケ遺跡に到着した。

パレンケ遺跡の中へ


早速チケットを購入し、入場する。

パレンケの遺跡はたくさんの緑に囲まれた美しい遺跡だ。

ジャングルの中に位置し暑いと聞いていたが季節的な要因か、早朝の時間帯のためか冷んやりして気持ちの良い空気が漂っていた。

7世紀に最盛期を迎えたと言われている古代都市パレンケ。

碑文の神殿だ。

その美しさと神々しさにしばらく見とれてしまった。

ここからパカル王の墓が見つかり、マヤのピラミッドはエジプトのピラミッドと違い‶王の墓ではない”という説が覆ったそうだ。

宮殿の中を散策。

珍しい色の蝶々を発見した。

虫が嫌いで特に蝶々や蛾が怖い私だが、なんだか嬉しくなりついつい写真を撮ってしまった。

遺跡の上から眺めた遺跡はとっても綺麗で感動した。

この日はあいにくの曇り空だったが、少しだけ青空がのぞいてくれた。

遺跡の敷地内ではまだ幼い子ども達が土産物を売っていた。

買ってと言わんばかりにスペイン語で話しかけながら私の後をつけてくる。

なんだか…この地域はメキシコの中でも貧しい地区なのか…?と感じてしまう。

綺麗な川も流れていた。

透明度が高い青い水が美しい。

こうして、遺跡を堪能した私は再びバンに乗車し街に戻った。

 

パレンケの街を散策

鶏肉だらけの街

パレンケの街は何もない小さな街で治安もあまり良くないと聞いていたが、想像以上に発展していて危ない雰囲気もそこまで感じなかった。

そして、少し驚いたのが街の至る所でポジョ(鶏肉)が売られていたことだった。

歩いていると多くの店員さんに「ポジョ!!ポジョ!!」と声をかけられる。

生の鶏肉はもちろん、街を歩くとたくさんの炙り焼きチキンのようなものを扱うレストランが目に入った。

1つのストリートがほとんどポジョのレストランで埋まっているような激戦区もある。

名物なのか、他に食べる食材が手に入りにくいのかはよくわからない。

私も地元客で賑わうお店でポジョを注文してみた。1/4の量を注文したがかなりお腹いっぱいになった。

塩が効いた味付けで不味くはないがお肉が少々硬い…。

これをトルティージャに包んで食べるのがメキシコ流だろうか。

翌日ものんびり街を散策した。

パレンケはどこか東南アジアのような雰囲気が漂っている気がする。

メキシコは地域が変わると国が変わったように街の雰囲気も人の顔つきも変わるのでそこがまた面白い。

 

さて、次回はいよいよボートでの国境越えだ。

 

行き方・料金

トゥルムからパレンケへ

OCC社バス
所要時間:約10時間~
料金:片道679MXN~(約4,074円~)

【乗車場所】トゥルムADOバスステーション

 

【降車場所】パレンケADOバスステーション

パレンケ市街から遺跡へ

ローカルバン
所要時間:約15分~
料金:片道20MXN~(約120円~)

【乗車場所】パレンケ市街

新・世界七不思議チェチェン・イッツァーと聖なる泉グラン・セノーテ観光!!前のページ

メキシコからグアテマラへ移動!?ボートでの国境越え!!次のページ

関連記事

  1. メキシコ

    カラフルな街グアナファト到着と私の理想の旅人像Ⅱ!!

    今回の人生で、死ぬまでに行ってみたいと思っていた場所の中にメキシコのグ…

  2. メキシコ

    絶対に行ってはいけない!?日曜日のテオティワカン遺跡と、死ぬまでに行ってみたいヴァスコンセロス図書館…

    メキシコシティで外すことのできない観光地といえば、古代都市テオティワカ…

  3. メキシコ

    サボテンで溢れたメキシコの街!?オアハカへの旅!!

    夜行バスに乗り、向かった先はオアハカという街。オアハカはメキシコの…

  4. メキシコ

    出発時間15分前に搭乗拒否された!?メキシコシティ国際空港で私が犯した1つの過ち!!

    中米の旅もいよいよ終わりを迎え、ついに憧れの地である南米へと旅立つ時が…

  5. メキシコ

    新・世界七不思議チェチェン・イッツァーと聖なる泉グラン・セノーテ観光!!

    世界遺産にも登録され、マヤ遺跡の中でも有名なチェチェン・イッツァー。…

  6. メキシコ

    世界で8番目に美しい!?白く輝く銀のアクセサリーの街タスコ!!

    メキシコを旅している時、現地で知り合ったメキシコ人の多くの方から観光を…

PAGE TOP