キューバ

キューバの世界遺産古都トリニダード観光情報!!可愛さに感動!!

2018-01-15

今回は世界遺産にも登録されているキューバの古都トリニダードについてご紹介させていただきます!

 

Noriko
私がキューバの中で最も気に入った可愛らしい街です。

 

バラデロからトリニダードへ移動

予約したコレクティーボタクシーが来ない

朝、指定の時間に指定した住所のメインストリートに立ちコレクティーボタクシーの迎えを待つ私。

しかし、1時間近く待っても一向に迎えは現れません。

………なんとなく、そんな予感はしていました…!!

 

Noriko
それでこそキューバです。

 

バラデロからトリニダードまでの距離は約260km。

コレクティーボタクシーを利用すれば40クック(約5,200円)で移動可能ですが、タクシーを利用するとなれば150クック(約19,500円)の交通費がかかってしまいます。

これは痛い出費です。

しかし、こんな時でもなんとかなってしまうのがキューバ。

タクシーをつかまえ、ひとまずViazul社バスステーションへ向かいます。

Viazulバスステーションまで利用したタクシー。いちいちカッコイイですね。

 

バスステーションに到着するとそこには私と同じようにバスのチケットを購入することができなかった者たちが、各々希望の行き先を口にしコレクティーボタクシー同乗者を探していました。

幸運にもトリニダード行きを希望するメキシコ人の女性2人組とすぐに出会うことができました。

ドライバーと話をすると『4人集まれば1人40クックでトリニダードまで送る』とのこと。

メキシコ人女性たちから『早く出発したいので私たち3人で50クックずつ支払うということでドライバーと交渉してみませんか?』との提案をいただきました。

 

いつ4人揃うかもわからないので私はその提案に乗ることに。

ドライバーとの交渉にも成功しました。

全て順調です。

 

ポイント

バスのチケットを手配できなかった方は当日バスステーションでコレクティーボタクシーを捕まえましょう!

 

トリニダードへ向けて出発

そして、私たちはトリニダードへ向けて出発しました。

途中、南国色が半端ないサービスエリアへ寄ります。

ドライバーがグァバのフローズンジュースをご馳走してくれましたが、これがとても美味しくて驚きました!

 

キューバでは朝食やウェルカムドリンクにマンゴーやパパイヤなどのフルーツジュースをいただくことが多かったのですが、どれも濃厚でとても美味しかったことを思い出しました。

 

Noriko
キューバに来たらぜひ積極的にフルーツジュースに挑戦してみてください!

 

世界遺産都市トリニダード

トリニダードの街並み

約4時間後、トリニダードに無事到着しました。

一時はどうなるかと思いましたが意外とどうにかなってしまうものです。

 

トリニダードのここが見どころ

  • カラフルで可愛らしい街並み
  • 革命家チェゲバラの壁画
  • フレンドリーなキューバ人
  • 青空市場

トリニダードは世界遺産にも登録されている古都です。

1514年に建設され、砂糖の取引きが盛んだった時代の街並みがよく保存されていんだそうです。

カラフルな街並みがとても可愛いく、私は上がってしまうテンションを抑えることができませんでした。

カサにチェックインし、さっそく街を散策です。

ここでも乗馬をすることができ、街から少し離れた場所にある滝を見に行くことができるでした。

私は街並みを堪能したかったので、今回乗馬は見送りました。

おとぎ話に登場してもよいレベルの美しい街です。

植民地時代の雰囲気を色濃く残しているコロニアル様式の建物が目に留まります。

革命家チェゲバラの壁画

革命家チェ・ゲバラです。

キューバではどこへ行っても彼の姿を目にします。

この国の英雄ですね!

そして、彼の顔を見るたびにこのキューバという国がかつてどのような運命を、歴史を辿ったのかを呼び起こさせました。

フレンドリーなキューバ人

遠くに海が見える街。

私は、海や山が見える小さな街が大好きです。

街を歩いているとたくさんの方が『¡Hola!(こんにちは)』と声をかけてくれます。

フレンドリーで無邪気な子供たち。とっても可愛いです。

トリニダードのレストラン

素敵なレストランを見つけたので入店してみました。

ポークステーキをいただきましたが美味しかったです。

やはり白米を食べると元気が出ますね。

トリニダードでは観光客向けの高級レストランや中級レストランをよく目にしましたが、~800円くらいで簡単に食事ができるようなレストランはなかなか見つかりませんでした。

この街はまるで迷路のようです。

カサにはそれぞれ番号のプレートが貼り付けられているので自分が宿泊しているカサの番号を覚えておけば、万が一迷子になっても戻ることができます。

翌日も私は街を散策しまくりました。

ちなみにこちらがカサでいただいた朝食です。

物が少ない印象のキューバのお店

全体的に小さな街ということもあってかスーパーマーケットなども見当たらず、“物が少ない”印象でした。

物が少ないというのはキューバ全土において言えることなのかもしれないですが…。

ガランとしたお店屋さん。いや、もしかしてここがスーパーマーケットなのかな?

小さな八百屋さんもあります。

こちらは肉屋さんです。

めちゃくちゃカッコイイタクシーですね!

なんだかこの街を懐かしく感じてしまうのはなぜでしょう。

こちらでは青空市場が開催されていました。

豊かと言えるのか疑問ですが、それでものどかな風景は私の心を癒してくれます。

 

とても‶近代的”とは言えないこの街。

一体いつまでこの姿を保っていられるのでしょうか。

どうか、この独特の美しさをいつまでも保っていてくれますように。

しかし、その願いは旅行者である私の、傍観者の、ただのワガママに過ぎないのかもしれません。

ふとそんな風に思いながら、再び首都ハバナへと戻るのでした。

行き方・料金

ハバナからトリニダードへ

Viazul社バス

時刻表:出発7:00-到着13:25 出発10:45-到着16:50

所要時間:約6時間~6時間30分

料金:片道US$25(約2,800円)

【乗車場所】ハバナViazul社バスステーション

 

コレクティーボタクシー

時刻表:リクエスト可

所要時間:約4時間~

料金:片道25CUC~(約3,275円)

※乗車希望前日までにカサのオーナーやホテルに依頼。カサまで迎えに来てくれます。

バラデロからトリニダードへ

Viazul社バス

時刻表:出発7:25-到着13:45 出発14:30-到着20:20

所要時間:約6時間30分~

料金:片道US$20(約2,240円)

 

コレクティーボタクシー

時刻表:3~5名程人数が集まり次第

所要時間:約4時間~

料金:片道40CUC~(約5,200円)

【乗車場所】バラデロViazul社バスステーション

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Noriko Sumiya

約2年間の世界ひとり旅を経験。通算80カ国+未承認国家を訪問。 2020年3月に新型コロナウイルスの影響で帰国した後は『心の声に従い、自分らしく生きる』というテーマに焦点を当て、世界中どこでもパソコン1台で収入を得られる自由な旅人に転身。同じ夢を持つ方たちを応援したいと思い情報発信をしています。ビジネスブログも書いていますのでよろしければご覧ください!

-キューバ
-, ,

© 2021 Noriko Sumiya