ボリビア

最高に美味しいボリ飯!?ウユニ村でのグルメ生活!!

ボリビアを旅するにあたって私が気がかりなことと言えば大きく分けて2つある。

空気が薄いことと、ご飯が美味しくないことだ。

空気が薄いことに関しては解決するのが難しいにせよ、

ご飯も美味しくないというのは辛過ぎる。

しかし、私は同室のなつきさんや他の旅人の方から‶ボリ飯は美味しい”という信じがたい情報を得た。

その真相を確かめるために美味しいと噂の食べ物やレストランを教えていただき、たくさんのボリ飯に挑戦してきたのだった。

ウユニ村の屋台

エンパナーダ

ウユニに来てからというもの、毎日のように食べていたお気に入りの食べ物がこちらのエンパナーダだ。

サクサクのパイ生地にみじん切りにされた野菜やお肉が詰め込まれた食べ物。

香辛料などで味付けされているようで、とても日本人の口に合った。

ボリビアの朝ご飯らしく朝から販売され、なくなり次第終了という屋台が多いように感じられた。

さらに日曜日と木曜日は市場が開設されるせいか、屋台の数も減ってしまうので注意が必要だ。

また、パイ生地のエンパナーダの他に揚げエンパナーダも存在する。

こちらの屋台ではその場でエンパナーダを作っているので揚げたてのエンパナーダを食べることが可能だった。

中に野菜とチキンが入ったカレー味。アツアツで本当に本当に美味しい。

お値段はサイズや具によって変わるが、

3ボリ~6ボリ(約51円~102円)で販売しているお店が多かった。

ウユニの朝はエンパナーダで始まると言っても過言ではないかもしれない。

爆弾揚げ

正式名称は不明だが勝手に爆弾揚げと呼んでいた。

簡単に説明するとコロッケと天ぷらが融合したような食べ物だ。

まん丸の形の方にはゆで卵が丸ごと入っておりかなりボリューミー。

こちらもその場で揚げてもらい揚げたてを食べることが可能だった。

付け合わせの野菜、カレーソースをかけて食べれば最高に美味しいこと間違いなし。

テイクアウトを選択するとこのように野菜と一緒にビニール袋に雑に投げ込まれる。

野菜が不足しがちな旅人にとってはありがたいメニューだ。

お値段は5ボリ~(約85円~)。

リャマ飯

エンパナーダの屋台が激減する日曜日と木曜日にお世話になったのがこちらのリャマ飯だった。

日本人好みの甘辛ダレのようなタレで味付けをしながらリャマの肉を炒め、ジャガイモと一緒に白米の上に乗せたシンプルな一品。

これがまた最高に美味しい。

調理される過程を見るのも楽しい。

こちらの屋台ではリャマ肉だけではなく色々なお肉や野菜が販売されていた。

お値段は7ボリ~(約119円~)。

ボリパフェ

日本人旅行者の間で話題になり、爆発的ブームを巻き起こしていたのがこちらのボリパフェだ。

フルーツの上にアイスクリームが乗せられたいわゆるフルーツパフェ。

このようにいくつかの屋台が隣接されている。

お店によって若干フルーツの種類やアイスクリームの味(色)が異なるが、

どのお店も同じ料金で同じようなボリュームだった。

基本的にどの屋台も盛り付けの器やスプーンは貯め水で洗っているようだった。

私はその事実を目撃して以来、その場で食べる場合もテイクアウトを申し出て使い捨ての容器とスプーンを利用するよう心掛けた。

その場でカットされた新鮮なフルーツとアイスクリームはとても美味しい。

滞在中は1日2食をノルマに毎日屋台に通っていたくらいだ。

お値段は5ボリ~(約85円~)。

 

ウユニ村の食堂

BBQ

ウユニ村にはたくさんの観光客向けレストランがあるが、

観光客向けレストランはクオリティが低く値段が高いという意見もあり私たちは地元の方々で賑わう食堂のようなBBQレストランで何度か夕食をとっていた。

夕方18:00を過ぎる頃に肉が焼かれ始める。

4件程お店が並んでいるが日本人の旅人の間でどこのお店が一番美味しいか話し合った結果、なんと意見はバラバラだった。

好みの問題かもしれない。

ビーフ、ポーク、チキン、リャマのお肉やチョリソーと呼ばれるソーセージなどからメインを選ぶ。

そして、フライドポテト、ご飯、スパゲッティから炭水化物を選択する。

店内にはサラダバーがあり、好きなだけ盛り付けをすることができた。

嬉しいサービスだ。

私はチキン、チョリソーやリャマのお肉を食べたがとても美味しかった。

リャマのお肉はクセが少なく食べやすい。

アツアツのうちに一口サイズに切り分けておくと冷めて固くなってからも食べやすい。

ちなみにボリビアは標高が高いためお湯の沸点が低く、スパゲッティがとてもまずいことで有名だ。

ただ、この色付きの歯ごたえのないスパゲッティは小学生時代に食べた給食の焼きそばを彷彿させ、私は決して嫌いではなかった。

お値段は15ボリ~(約255円~)。

その他

ご紹介させていただいた食べ物以外にもウユニにはたくさんのご当地グルメなるものが存在する。

こちらはメルカドの食堂で食べたスープのようなもの。

お味はまあまあだった。

こちらは屋台で見かけた謎のスープ。

食べる勇気はなかった。

 

私は幸い食あたりにはならなかったが、あたってしまったという日本人旅行者もいたらしいので注意して楽しんでいただければと思う。

これらのボリ飯のおかげで私のウユニライフはより充実したものとなった。

食の好みが合う、みさとさんと屋台をはしごして一緒に食べ歩いた。

ストライキで大ピンチ!?地獄の夜明けとその果てに見た絶景!!前のページ

まるで合宿生活!?ウユニで過ごした楽しく過酷な日々!!次のページ

関連記事

  1. ボリビア

    ストライキで大ピンチ!?地獄の夜明けとその果てに見た絶景!!

    憧れの地ウユニへの出発の日、我々は思わぬトラブルに巻き込まれた。ラ…

  2. ボリビア

    まるで合宿生活!?ウユニで過ごした楽しく過酷な日々!!

    ウユニに訪れる旅人の目的の多くは、ウユニ塩湖ツアーに参加することだと思…

  3. ボリビア

    プーノからコパカバーナへ移動!!前途多難なボリビア旅の幕開け!?

    いよいよペルーからボリビアへ入国する時がやってきた。治安があまり良…

  4. ボリビア

    インカ帝国の発祥の地!?太陽の島と月の島ツアー!!

    コパカバーナに滞在中の私はチチカカ湖に浮かぶ太陽の島と月の島へのツアー…

  5. ボリビア

    【3日目】標高4000mの温泉!?朝焼けに輝く湯船とチリ入国!!

    アタカマ抜けツアーもいよいよ最終日となり、ボリビアとの別れの日がやって…

  6. ボリビア

    【2日目】私が涙した景色!?宝石の道に存在する数々の絶景!!

    ボリビアのウユニからチリのサンペドロ・デ・アタカマに抜ける2泊3日のツ…

PAGE TOP